最新記事

新型コロナウイルス

日本の累計感染者数を超えたアメリカの1日感染者数

U.S. Records More COVID Infections in a Single Day than Japan Has to Date

2020年12月1日(火)17時30分
スー・キム

一方、JHUによると、アメリカで実施された検査数は11月30日現在で、1億9114万9006件。アメリカ総人口のおよそ58%にあたる。日米の差を考えるとき、だが検査数の差も勘案すべきだろう。

アメリカでは、10月5日に始まった週から、1週間の累計感染者数が一貫して増え続けている。WHOがまとめたデータによると、1週間の累計感染者数は、11月9日から始まった週に、前週比で46.8%増加した。

クリスマスには1日83万人感染?

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)の最新予測によると、「ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を再度義務付けなければ」、1日の感染者数はクリスマスまでにおよそ83万3165人に上る可能性もあるという。

さらに悪い予想もある。米国疾病管理予防センター(CDC)に寄せられた、25のモデリンググループによる今後4週間の新型コロナウイルス新規感染者数予測によると、「2020年12月19日までの1週間で、アメリカの新規感染者数は110万人から250万人に上る」という。

CDCは11月25日発表した報告のなかで、「ここ数週間は、報告された感染者数が見込みを上回り、予測範囲の上限から外れている。これは、現在の予測範囲は、将来的に見込まれる感染者数を完全には反映していない可能性を示唆している」と指摘している。

全米の入院患者数も、増加の一途をたどっている。アトランティック誌の新型コロナウイルス追跡プロジェクトがまとめたデータによると、11月29日現在の新型コロナウイルス感染症による入院者数は9万3219人だ。このまま増勢が続けば深刻な医療崩壊に陥る州も出てくるだろう。

(翻訳:ガリレオ)

20210302issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

3月2日号(2月24日発売)は「ルポ新型コロナ 医療非崩壊」特集。第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊。だが現場には硬直したシステムを変え、命を守った人たちもいた――。

ニュース速報

ビジネス

緊急宣言、6府県で2月末解除 見送りの首都圏「医療

ワールド

ミャンマー警察、拘束した邦人ジャーナリストを解放

ワールド

米、シリアの親イラン勢力を空爆 国防総省「状況悪化

ビジネス

ECB、国債利回りの目標ない 機械的な対応せず=専

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月