最新記事

新型コロナウイルス

日本の累計感染者数を超えたアメリカの1日感染者数

U.S. Records More COVID Infections in a Single Day than Japan Has to Date

2020年12月1日(火)17時30分
スー・キム

一方、JHUによると、アメリカで実施された検査数は11月30日現在で、1億9114万9006件。アメリカ総人口のおよそ58%にあたる。日米の差を考えるとき、だが検査数の差も勘案すべきだろう。

アメリカでは、10月5日に始まった週から、1週間の累計感染者数が一貫して増え続けている。WHOがまとめたデータによると、1週間の累計感染者数は、11月9日から始まった週に、前週比で46.8%増加した。

クリスマスには1日83万人感染?

米ワシントン大学保健指標評価研究所(IHME)の最新予測によると、「ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)を再度義務付けなければ」、1日の感染者数はクリスマスまでにおよそ83万3165人に上る可能性もあるという。

さらに悪い予想もある。米国疾病管理予防センター(CDC)に寄せられた、25のモデリンググループによる今後4週間の新型コロナウイルス新規感染者数予測によると、「2020年12月19日までの1週間で、アメリカの新規感染者数は110万人から250万人に上る」という。

CDCは11月25日発表した報告のなかで、「ここ数週間は、報告された感染者数が見込みを上回り、予測範囲の上限から外れている。これは、現在の予測範囲は、将来的に見込まれる感染者数を完全には反映していない可能性を示唆している」と指摘している。

全米の入院患者数も、増加の一途をたどっている。アトランティック誌の新型コロナウイルス追跡プロジェクトがまとめたデータによると、11月29日現在の新型コロナウイルス感染症による入院者数は9万3219人だ。このまま増勢が続けば深刻な医療崩壊に陥る州も出てくるだろう。

(翻訳:ガリレオ)

 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ゴールドマン、消費者部門で年間12億ドル超の損失見

ワールド

トランプ氏「議会に向かえ」と要求、警護隊ともみ合い

ビジネス

欧州企業の1株利益、今年は最大8.5%減少も=HS

ビジネス

ロシア、ツイッチやピンタレストなどに罰金 個人デー

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月