最新記事

東南アジア

インドネシア、現職閣僚が汚職容疑で逮捕 「牙抜かれた」政府の汚職捜査機関KPKが久びさの快挙

2020年11月27日(金)13時15分
大塚智彦

ハワイ発ANA便から降りてきたエディ・プラボウォ海洋水産相が拘束されたようす KOMPASTV / YouTube

<権限縮小などで弱体化された捜査機関だが、社会不正をただす情熱は消えていなかった>

インドネシアの政府機関「国家汚職撲滅委員会(KPK)」は11月25日、現職閣僚のエディ・プラボウォ海洋水産相を汚職容疑で逮捕したことを明らかにした。

KPKによるとインドネシアが今年5月新たに解禁したロブスターの幼生を海外に輸出する政策をめぐり、エディ容疑者が担当大臣として輸出業者などから多額の賄賂を受け取っていた疑いがあるという。

エディ容疑者とともに訪米に同行していた妻や海洋水産省関係者、贈賄側の輸出業者なども逮捕や容疑者認定されており、かなり大掛かりな贈収賄事件に発展しそうだ。

インドネシア最強の捜査機関の一つとされてきたKPKだが、2019年以来国会による捜査権力の縮小や監視機関設置などでこのところ大きな事件摘発が減少。大物容疑者の逮捕もなく、「KPKはもはや死んだ」とさえ国民から言われていた。

それが今回は久々の現職閣僚の逮捕事件ということで地元マスコミも「KPKは死なず」という論調で今回の贈収賄事件を大きく伝えている。主要英字紙「ジャカルタ・ポスト」は「KPKが大物逮捕」との見出しを掲げて報道している。

米国から帰国した未明の空港で逮捕

KPKなどによると25日午前1時半前、ジャカルタ西郊のスカルノハッタ国際空港に米ハワイでの公務を終えて帰国したエディ容疑者をKPK捜査官が待ち構えて、同行していた国会議員の妻とともに身柄を拘束。所持品や銀行のATMカードをその場で押収するという「逮捕劇」だった。

25日午後、KPKの係官に付き添われて報道陣の前に現れたエディ容疑者は「お騒がせして本当に申し訳ない。大臣の職や党の役職などすべての役職を辞任する意向だ。今回の件に関してはすべて自分の責任である」とKPKの捜査には全面的に協力する姿勢を示した。

KPKによると、エディ容疑者に加えて国会議員である妻のほか、水産省関係者やロブスター輸出業者など計17人がこれまで逮捕され、なお複数の関係者を容疑者認定して行方を追っているという。

地元マスコミなどの報道ではエディ容疑者側にロブスター幼生輸出業者などから渡った賄賂は総額で98億ルピア(約7160万円)に上るものとみられている。

ニュース速報

ワールド

スイスのスキーリゾートで変異種、ディズニーパリ閉鎖

ワールド

南アのコロナ変異種、感染力強いと確認 再感染の恐れ

ビジネス

米、ノルドストリーム2関与のロシア船制裁 ナワリヌ

ワールド

世界のコロナ死者、「近く」週間で10万人突破へ W

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 5

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 8

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 9

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

  • 10

    韓国・朴槿恵前大統領、懲役20年実刑確定で、李明博…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月