最新記事

事件

韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所」、えん罪で死者も

2020年9月29日(火)20時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

インターポール経由で運営者を逮捕

このようにデジタル刑務所によるえん罪被害が増えだしたことを受けて、大邱警察庁サイバー捜査隊は、警察庁からの指示で強制捜査に取り掛かった。大邱警察庁は、サイト運営者が海外に滞在していることを突き止め、8月31日警察庁外事捜査課を通じてインターポールに捜査協力を要請した。

そして、9月22日ベトナムのホーチミンで30代の韓国人男性A容疑者を検挙した。A容疑者は、事件被疑者の個人情報と裁判所宣告結果などを、運営中のサイトへ無断で掲示した疑いで検挙された。韓国送還後は、引き続き共犯調査が行われる予定である。

A容疑者の逮捕に引き続き、24日韓国放送通信審議委員会は、会議にて「表現の自由は最大限保護しなければならないが、現行の司法体系の不正・悪用を許容してはいけない」とし、デジタル刑務所サイトに対する接続遮断を決定を発表した。

さらに、「サイトに対する常時モニタリングを続け、海外サーバーサービス提供業者に協力を要請するなど、不法情報の再流通を防ぐために努力する計画だ」と声明を出した。

次々とアドレスを変更しながら生き延びる

ところが、その翌25日には、なんと「デジタル刑務所」のツイッターアカウントが開設され、新たなサイトのアドレスがツイートされている。そこからリンク先に飛ぶと、新たなアドレスに引っ越ししたサイトが表示され、今でも個人情報が誰でも見ることができる。

また「接続遮断された場合の利用方法」などの説明も詳しく掲載されており、今後また遮断要請があったとしても、新しくサイトを作り、ツイッターで新アドレスを告知して情報提供していくと記されている。

デジタル刑務所側は、サイト遮断に屈せず、韓国放送通信審議委員会と真っ向から対立する構えのようだ。

デジタル刑務所がオープンした当初は、運営者が「n番部屋事件」の管理人だったソン・ジョンウ容疑者の身辺情報をインスタグラムに掲載したものだったという。その後、インスタグラムのフォロワー数を伸ばし、6月に「デジタル刑務所」サイトを開設、他の性犯罪者などの公開を始めたそうだ。

性犯罪者への罪が軽いのではないかという意見は、韓国だけでなく日本でもこれまで何度も議論されてきた。このデジタル刑務所の運営者も開始当初は、自分のことを正義の味方と信じて活動を始めたのかもしれない。

自分や家族が性犯罪の被害者だったらと考えると、情報を公開し、社会的に罰せられて欲しいと願う気持ちも分らなくもないが、しかし、現代のネット社会ではデジタルタトゥーという言葉があるように、一度拡散してしまった情報は取り返しのつかないことになってしまう。正しく判断できる能力がない者が、罪を裁くまねごとをするなら、また次のえん罪を引き起こしてしまうのではないだろうか。

ニュース速報

ワールド

緊急事態宣言を要請すべきと判断、あす正式決定=大阪

ビジネス

前場の日経平均は続伸、方向感欠き往来相場から抜け出

ワールド

原油先物は下落、インドなどのコロナ感染者急増で

ビジネス

コインベースCEO、上場初日に同社株2.92億ドル

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞 

  • 2

    イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイートに保守派が怒った訳

  • 3

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けられている?

  • 4

    日米首脳会談:菅義偉が国際政治のスターになる日

  • 5

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 6

    菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

  • 7

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 8

    SATCの幻想で期待した映画『デッドリー・イリュージ…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウス…

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

  • 3

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数民族 「内戦勃発」が最後の希望

  • 4

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 5

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 6

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 9

    仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

  • 10

    エヴァと私の26年

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき愚者は食べ、凡人は我慢する。では賢者は?

  • 4

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月