最新記事

事件

韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所」、えん罪で死者も

2020年9月29日(火)20時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

私刑サイト「デジタル刑務所」は今も犯罪者と思われるとする人たちの個人情報を掲載している。画像は「デジタル刑務所」からキャプチャしたものを一部加工

<ネット先進国の韓国は、ネット犯罪の闇も深い。その闇に引きずり込まれた者がさらなる闇を生み出した>

奴隷と呼ばれる女性の性搾取や幼児ポルノなどの映像を掲載した「n番部屋事件」が韓国社会を震撼させ、犯人の身辺情報公開を求める声が高まっていた今年3月、韓国のネット上に突如「デジタル刑務所」というサイトが誕生した。

韓国メディアの報道によると、このデジタル刑務所運営者の一人は、自身の親戚が「n番部屋事件」の被害者だったと語り、性犯罪に対する刑罰が軽すぎることに反対するため「デジタル刑務所」を始めたと主張しているという。

この「デジタル刑務所」というサイトは、個人情報を晒す私刑サイトだ。殺人などの重刑犯や性犯罪者、幼児虐待者、n番部屋利用者などを中心に、犯罪者の顔写真はもちろん、罪名、裁判過程、住所、携帯番号、音声、メールアドレス、ネット利用時のID等にいたるまであらゆる個人情報を公開している。個人で運営しており海外にサーバーを置いているため、運営者を特定するのが難しく、また1期・2期と運営者は複数いるとされている。

えん罪が次々と発覚

そして、このサイトをめぐって被害者が出てしまった。警察によると、9月5日韓国の名門大学の1つ高麗大学に在学中の男性が自殺したと発表した。調べによると、9月3日デジタル刑務所にこの男子学生の顔写真、学校、専攻、携帯電話番号など個人情報が公開されていたことが分かり、それが原因で自殺したと言われている。

この学生についてデジタル刑務所側は、「男子学生が"知人陵辱"した」と掲載している。"知人陵辱"とは知人の顔をわいせつな写真と合成して、インターネット上に流布する行為だ。

男子学生の情報がデジタル刑務所にアップロードされると、男性は高麗大学の学生専用コミュニティ掲示板に「デジタル刑務所に載っている写真と電話番号、名前は私だ。ただその外のすべての情報は決して事実ではない」と主張を書き込み、その後自ら命を絶ってしまった。

えん罪の被害者はこの学生だけではなかった。他にも、数名が無実なのにもかかわらず虚偽情報を掲載される被害にあっている。そのうちの一人、格闘技選手キム・ドユン選手は、今年7月に性犯罪の犯人として個人情報流布されてしまった。後に、デジタル刑務所側がこれは誤った情報だったと謝罪文を掲載したが、キム選手の元には今でも誹謗中傷のメッセージが届いているという。

また、カトリック系医科大学に勤務するチェ・ジョンホ教授もえん罪被害者の一人だ。今年6月、デジタル刑務所の加害者リストに、チェ教授がn番部屋へ送ったとされるメッセージ画像と、個人情報が掲載された。

チェ教授はすぐに警察に通報し、サイバー警察に携帯を提出してすべてのデータ分析調査を依頼して、無実を訴えた。2カ月掛けて、ようやくチェ教授の潔白が証明されサイト運営側も謝罪文を掲載したが、その間の被害は相当なものだったという。

ニュース速報

ワールド

ロシアのハッカー集団、米民主党やシンクタンク標的に

ビジネス

中国大手5行、第3四半期は減益 不良債権圧力増大の

ビジネス

新型コロナ巡る見通し悪化、ユーロ圏回復に打撃=伊中

ビジネス

米個人消費、9月は1.4%増で予想上回る インフレ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

  • 3

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反中国」より大事なこと

  • 4

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が…

  • 5

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 6

    韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

  • 9

    「みんな承認欲求をこじらせている。それを意識して…

  • 10

    「ペンシルバニアで多くの黒人が棄権しない限りトラ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 5

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 6

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月