最新記事

イスラエル

ネタニヤフはノーベル平和賞受賞に値するか?

The Netanyahu Dilemma

2020年9月29日(火)19時00分
トム・オコナー

来年のノーベル平和賞候補としてネタニヤフを推す声が早くも高まっているが、彼の受賞を容認し難いと考える人も少なくない。ネタニヤフは、パレスチナ占領地への入植活動を推進し、占領地の併合を計画していることを理由に、国連や人権団体から再三批判されてきた。しかも、国内で収賄などの罪で起訴されているという問題もある。

もっとも、119年の歴史を通じて、ノーベル平和賞が物議を醸したことがなかったわけではない。そもそも、賞の名前の由来になったアルフレッド・ノーベルは、ダイナマイトを発明したことで「死の商人」と呼ばれていた。

過去には、アドルフ・ヒトラーやヨシフ・スターリンが候補として推薦されたこともあった。1973年に受賞したヘンリー・キッシンジャーは、ベトナム戦争の間、米外交を取り仕切った人物だ。

1978年にイスラエル初のノーベル平和賞受賞者になったメナヘム・ベギンは、エジプトのアンワル・サダトと結んだ和平合意が評価された。しかし、ベギンはかつて武装勢力と結び付きがあった。

1994年の受賞者であるイスラエルのイツハク・ラビンは、その1年後にテルアビブで極右ナショナリストにより暗殺された。ラビンと共同で受賞したパレスチナ解放機構(PLO)のヤセル・アラファト議長(当時)も武装勢力と結び付きがあった。

真の偉業とは言えない?

近年、イスラエルとアラブ諸国の関係は、静かに、しかし大きく変わってきた。両者はイランという共通の敵を前に、通信、医療、さらには国家安全保障でも、水面下で連携するようになっている。

そのような関係が既に確立されていることを考えると、今回の国交正常化合意は、見掛けほど特別なものではないのかもしれない。

「国交正常化の合意に達したことの意義は大きいが、かつての敵国同士が平和条約を締結したのとはわけが違う。UAEもバーレーンも、イスラエルと戦火を交えたことはない」と、駐エジプト米大使、駐イスラエル米大使を歴任したプリンストン大学のダニエル・カーツァー教授は本誌に語っている。

「ノーベル平和賞に値するほどの成果ではない。この賞は、イスラエルの首相がパレスチナとの和平を成し遂げた場合に与えられるべきものだ」

ニュース速報

ワールド

インドのコロナ死者数、2日連続4000人超 全土封

ワールド

中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア 

ワールド

米コロニアル・パイプラインのハッカー、大量のデータ

ワールド

再送-米最大の石油パイプライン停止、サイバー攻撃で

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺害された若き女性の悲劇

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 9

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 10

    利権がつなぐ日本とミャンマー「独自のパイプ」 ODA…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 6

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 5

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 6

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月