最新記事

イスラエル

ネタニヤフはノーベル平和賞受賞に値するか?

The Netanyahu Dilemma

2020年9月29日(火)19時00分
トム・オコナー

来年のノーベル平和賞候補としてネタニヤフを推す声が早くも高まっているが、彼の受賞を容認し難いと考える人も少なくない。ネタニヤフは、パレスチナ占領地への入植活動を推進し、占領地の併合を計画していることを理由に、国連や人権団体から再三批判されてきた。しかも、国内で収賄などの罪で起訴されているという問題もある。

もっとも、119年の歴史を通じて、ノーベル平和賞が物議を醸したことがなかったわけではない。そもそも、賞の名前の由来になったアルフレッド・ノーベルは、ダイナマイトを発明したことで「死の商人」と呼ばれていた。

過去には、アドルフ・ヒトラーやヨシフ・スターリンが候補として推薦されたこともあった。1973年に受賞したヘンリー・キッシンジャーは、ベトナム戦争の間、米外交を取り仕切った人物だ。

1978年にイスラエル初のノーベル平和賞受賞者になったメナヘム・ベギンは、エジプトのアンワル・サダトと結んだ和平合意が評価された。しかし、ベギンはかつて武装勢力と結び付きがあった。

1994年の受賞者であるイスラエルのイツハク・ラビンは、その1年後にテルアビブで極右ナショナリストにより暗殺された。ラビンと共同で受賞したパレスチナ解放機構(PLO)のヤセル・アラファト議長(当時)も武装勢力と結び付きがあった。

真の偉業とは言えない?

近年、イスラエルとアラブ諸国の関係は、静かに、しかし大きく変わってきた。両者はイランという共通の敵を前に、通信、医療、さらには国家安全保障でも、水面下で連携するようになっている。

そのような関係が既に確立されていることを考えると、今回の国交正常化合意は、見掛けほど特別なものではないのかもしれない。

「国交正常化の合意に達したことの意義は大きいが、かつての敵国同士が平和条約を締結したのとはわけが違う。UAEもバーレーンも、イスラエルと戦火を交えたことはない」と、駐エジプト米大使、駐イスラエル米大使を歴任したプリンストン大学のダニエル・カーツァー教授は本誌に語っている。

「ノーベル平和賞に値するほどの成果ではない。この賞は、イスラエルの首相がパレスチナとの和平を成し遂げた場合に与えられるべきものだ」

ニュース速報

ビジネス

中国人民銀、債券デフォルト防止策改善へ 金融政策よ

ワールド

スウェーデン中銀、量的緩和拡充 コロナ第2波で景気

ビジネス

アングル:中国短期金融市場に「国家隊」、デフォルト

ビジネス

市中国債20年や40年物に増発余力、減額なら短期優

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 2

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 3

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 10

    ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 5

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 6

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 7

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 8

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 9

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 10

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 9

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

  • 10

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月