最新記事

性犯罪

ナイジェリアで性暴力厳罰化──性犯罪者の去勢には疑問の声も

2020年9月23日(水)18時30分
松丸さとみ

ナイジェリアのカドゥナ州知事(写真左)が性犯罪厳罰化法に署名 twitter @GovKaduna

<ナイジェリアでは、ロックダウン以降、レイプ件数が3倍に跳ね上がった。このためカドゥナ州で性犯罪が厳罰化された......>

カドゥナ州で性犯罪者は去勢のうえ死刑または終身刑に

アフリカ最大の国ナイジェリアのカドゥナ州でこのほど、レイプが厳罰化され、有罪となった場合は、去勢(睾丸または卵管を摘除)された上に死刑または終身刑となることになった。同州知事が9月11日に署名し、即日施行された。

ナイジェリアでは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月下旬から大都市で外出禁止措置(ロックダウン)が取られた(現在も夜間は外出禁止となっている)。具体的な数字は発表されていないものの、政府筋はロックダウン以降、レイプ件数が3倍に跳ね上がったとしている。AP通信によるとポーリン・タレン女性問題担当相は、ロックダウンにより、女性と子どもが暴力をふるう人物と共に家庭内に閉じ込められていることが原因だと説明している。

こうした状況を受けて、ナイジェリア国内に36ある州のすべての知事は6月、女性と子どもに対する「ジェンダーに基づく暴力」とレイプについて非常事態を宣言。性犯罪により厳しく対応する意向を明らかにした。

今回のカドゥナ州の決定は、このときの宣言を受けたものとなる。被害者が14歳未満のレイプで有罪になった場合、去勢手術の上で死刑が執行される。被害者が14歳以上の場合は、去勢手術の上で終身刑だ。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、2005年の研究を引用する形で、性犯罪を常習的に犯す人物が去勢された場合、再犯のリスクが下がることが示されていると報じた。とはいえ、カドゥナ州のケースでは有罪が確定すると死刑となるため、なぜその前に去勢するかは不明だと同紙は指摘している。

刑罰としての去勢には反対意見も

スカイニュースによると、今回決定したカドゥナ州のレイプに対する刑罰は、ナイジェリア国内ではもっとも厳しいものとなる。これまで同州では、成人をレイプした場合は最長で禁錮21年、未成年が被害者の場合は終身刑だった。

しかしカドゥナ州の決定に疑問の声も上がっている。この決定を知らせるカドゥナ州知事のツイートに対し、「こうした措置は、拷問や精神的無能力(刑事責任が問えない状態)による誤った自白が原因の冤罪だった場合、取り返しが付かない。(略)野蛮な懲罰は正義ではない」との意見も寄せられている。

また弁護士であり人権活動家でもあるチディ・オディンカル氏はNYTに対し、この法律の施行により、性犯罪を減らすのはさらに難しくなるだろうと述べた。

というのも、前述の通りナイジェリアではレイプの多くは家庭内で起きている。そのため、今回のような去勢が伴う刑罰になると、家族の罪を通報しにくくなるのではないかとオディンカル氏は説明している。同氏は、終身刑で十分だとの考えを示し、去勢は「サディズム的な法律だ」と述べた。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏弁護士を提訴、投票機メーカーが13億ドル

ワールド

南シナ海の米軍事行動「平和に資さず」、中国が反発

ビジネス

ECB、平均インフレ目標導入を検討=アイルランド中

ワールド

米モデルナ製コロナワクチン、変異種でも抗体生成確認

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 8

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 9

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎え…

  • 10

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月