最新記事

韓国政治

「共に痴漢民主党」と揶揄も ソウル市長の突然死で韓国与党にさらなる危機

Mayor’s Death Heightens Election’s Importance

2020年7月20日(月)18時10分
テジョン・カン

朴市長はセクハラで告訴された翌日に自ら命を絶ったとみられる KIM HONG-JI-REUTERS

<性的スキャンダルが相次ぎ「女性の権利擁護に積極的」というイメージにダメージ。「共に民主党」は、ソウル、釜山市長補選と次期大統領選をどう戦うのか>

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長の突然の死は、韓国人に大きな衝撃をもたらした。特に、元秘書の女性が朴からの長年にわたるセクハラ被害を告訴した翌日に自殺したとみられていることに、支持者は動揺している。朴は改革志向であり、女性の権利を擁護する政治家としてキャリアを積んできたからだ。

だが朴と同じ与党「共に民主党」の政治家には、別の懸念がある。朴の死によって2021年4月に実施されるソウル市長の補欠選挙だ。韓国第2の都市である釜山の市長ポストも空席になっている。前市長の呉巨敦(オ・ゴドン)は、セクハラ疑惑で4月に辞任した。釜山市長の補選もソウルと同じ2021年4月に行われる。

首都ソウルの市長は、韓国政治で最も重要なポストの1つ。歴代の市長には大統領選の有力候補となった例も多い。

釜山市長の地位も政治的に重要だ。22年3月の大統領選の結果を左右しかねない同市と近隣地域の票をまとめる立場にあり、勝敗のカギを握るほどの影響力を持つ。

共に民主党は2つの大型補選で、党有力者に相次いだ性的スキャンダルの後遺症に苦しむだろう。釜山市長だった呉の辞任も、女性公務員に性的暴行を告発されたためだ。呉は「不必要な身体的接触」があったことを認めている。

さらに忠清南道の知事だった安熙正(アン・ヒジョン)が2019年、元秘書への性的暴行で懲役3年6カ月の実刑判決を受けている。朴、呉、そして安は、いずれも共に民主党出身の政治家だ。

「共に痴漢民主党」と揶揄

相次ぐ性的スキャンダルで、共に民主党のイメージは著しく損なわれ、ネット上では「共に痴漢民主党」と揶揄されている。同党は女性の権利擁護に積極的で、どんなセクハラも断じて許さない姿勢を示してきたため、多くの有権者が失望を感じている。

共に民主党は、進行中の裁判の成り行き次第では2つの知事ポストも危うくなる。

京畿道の李在明(イ・ジェミョン)知事は、2018年の知事選で公職選挙法が定める虚偽事実公表罪を犯したとして起訴された(だが最高裁は今年7月16日、罰金刑を言い渡した2審判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した)。

慶尚南道の金慶洙(キム・ギョンス)知事は2017年の大統領選で現職の文在寅(ムン・ジェイン)陣営の幹部を務めたとき、ネット上の世論操作に関与したとして、2019年に一審で懲役2年の実刑判決を受けた。

【関連記事】韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セクハラ告発と関連か

ニュース速報

ビジネス

ANAとJALの会員情報流出、予約システム会社にサ

ビジネス

英中銀、回復への下向きリスクに強く対抗すべき=ハス

ビジネス

米長期金利上昇、インフレ懸念でなく回復期待を反映=

ワールド

米上院民主、失業給付加算縮小で合意 コロナ追加対策

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 2

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 3

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測される

  • 4

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 5

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 8

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 9

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 10

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月