最新記事

事件

インドネシア、汚職捜査官襲撃事件 被告の2警察官に求刑以上の実刑判決

2020年7月18日(土)11時56分
大塚智彦(PanAsiaNews)

大統領直属の汚職撲滅委員会(KPK)の捜査官ノフェル・バスウェダン氏は何者かに硫酸をかけられ左目を失明したが……。Antara Foto Agency _ REUTERS

<顔面に硫酸をかけられるという衝撃的な事件の被告は有罪に。だがそこにはカラクリが......>

インドネシアの汚職犯罪の捜査・摘発を専門とする「国家汚職撲滅委員会(KPK)」の捜査官が襲撃され重傷を負った3年前の事件。犯人として逮捕された警察官2人に対する裁判の判決公判が7月16日、北ジャカルタ地裁で開かれ、2被告に禁固2年と禁固18カ月(求刑はいずれも禁固1年)の実刑判決が言い渡された。

新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてオンライン方式で開かれた判決公判では裁判官が読み上げる判決文をインターネット経由で拘留施設内に設けられた「被告席」で元警察官の2被告が聞くという方式で進められた。

判決でラフマット・カディール・マフレット被告に禁固「2年」、ロニー・ブギス被告に禁固「18カ月」が言い渡された。裁判官は判決文の中でラフマット被告は実際にKPKのノウェル・バスウェダン捜査官の顔面に硫酸とみられる劇薬を実際に振りかけたとの容疑を認定して「禁固2年」とした。ラフマット被告をバイクに同乗させて現場で犯行を補助した運転手役のロニー被告にはそれより軽い「18カ月」としたとの判決理由などが読み上げられた。

異例の捜査進展、大統領激怒で急展開

2017年4月11日にジャカルタ市内を徒歩で帰宅途中のノフェル捜査官はバイクで近づいた正体不明の男2人組の1人から硫酸とみられる液体を顔面にかけられた。犯人2人はそのまま逃走した。

襲撃現場近くの監視カメラ(CCTV)にはバイクに乗った2人組が映っていたものの、ヘルメットなどで人物の特定は難しかった。ノフェル捜査官は左目を失明する重傷となった。

ノフェル捜査官の所属するKPKは麻薬捜査にあたる「国家麻薬取締局(BNN)」と並んでインドネシア最強の捜査機関として逮捕権、公訴権をもち、閣僚経験者、政治家、国会議長・議員、州政府幹部、国営企業幹部、大使などを汚職容疑で次々と摘発、起訴して有罪にもち込むなど国民から高い信頼と支持を得ていた組織だった。

そのKPKの現職捜査官で、襲撃された当時は国会議長も関係する巨額の汚職事件捜査を担当していたノフェル捜査官が襲われたことで、ジョコ・ウィドド大統領は国家警察に対して犯人逮捕を求めて早期解決を促した。

ところが事件は当初から警察関係者ないし大物政治家の関与が伝えられ、警察も「迷宮入り」を狙った節があり、特別捜査チームが編制されたものの捜査は一向に進展せず、犯人の特定もできなかった。

これにジョコ・ウィドド大統領が怒り、期限を切って捜査結果を求めるも、それでも進展がなかったことから2019年12月9日に当時の国家警察長官を大統領官邸に呼びつけて犯人逮捕を厳命した。

大統領の怒りが予想外に大きいことに驚いたのか、国家警察は同年12月26日、襲撃犯容疑者として現職の警察官2人の逮捕を明らかにした。事件発生から2年8カ月かけても不明だった犯人が、大統領の厳命からわずか15日で逮捕されたのだ。それも容疑者は現職の警察官だった。

国民もマスコミも逮捕された2警察官が実際の犯人ではないと薄々感じており、2警察官は「警察という組織のスケープゴート」との観測が強く、「軽い刑で服役して早期釈放」により一件落着と、事件の幕引きを図るシナリオが指摘されていた。


【関連記事】
・感染防止「総力挙げないとNYの二の舞」=東大・児玉氏
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ
・インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体放置 謎だらけの事件にメディア騒然

ニュース速報

ワールド

米上院、最高裁判事にバレット氏承認 トランプ大統領

ワールド

米最高裁、ウィスコンシン州郵便投票の期限延長を認め

ビジネス

印フューチャー、事業売却中止なら清算手続き アマゾ

ビジネス

トランプ・バイデン両候補が激戦州ペンシルベニアで舌

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月