最新記事

インドネシア

被告警官の釈放を被害者が要求 インドネシア、政治の闇が垣間見える裁判の行方は

2020年6月24日(水)20時32分
大塚智彦(PanAsiaNews)

逮捕直後から強い「身代わり」説

現職2警察官の逮捕に国民は「やはり警察が犯行に関与していたのか」と驚く一方で、予想通りの展開に警察組織の深い闇を嗅ぎ取ったマスコミ、人権団体も多かった。

その闇とは「2警察官はスケープゴート、身代わり逮捕であり、裁判は軽い刑で、1審確定、早期釈放が用意されている」というシナリオだ。

その予想も覆されることなく裁判は「順調」に進み、「犯人の体格、人相は2被告に似ていない」とする犯行の目撃者に証言の機会は与えられずじまい。またノフェル氏の顔面ではなく体を狙って劇薬を注いだとの被告の供述から、問われている「拷問罪」の最高刑が禁固7年であるにも関わらず求刑はそれぞれ1年だった。

公判では2被告に対して「警察の勤務評定もよく、捜査にも協力的だ」などと検察側が主張するなど、まるで弁護側のような主張を展開した。

肝心の犯行動機に関しても2被告が「ノフェル捜査官の捜査が警察組織への攻撃であると考え警察を守るための行為だった」と訳の分からない主張や「個人的恨みがあった」とするのを深く追及することもなく安易に認定するなど異例の展開で進んできた。

こうした主張は警察機動旅団の幹部でもない2被告がKPK捜査官を襲撃する動機としては不可解極まりないことに対しても検察、弁護側そして裁判官も異論を唱えなかったところに「この裁判の茶番さが象徴されている」とインドネシア法律扶助協会(YLBHI)関係者などは指摘している。

大統領は今のところ静観するのみ

こうした裁判の進展、軽い求刑にジョコ・ウィドド大統領はこれまでのところ具体的なコメントや姿勢を明らかにせず、側近を通して「インドネシアの司法を信頼している」とのみ語り、司法への政治介入と批判されることを避けて、静観する姿勢に終始している。

現在のジョコ・ウィドド内閣にはノフェル捜査官の襲撃事件の捜査を直接指揮したティト・カルナファン国家警察長官(当時)が内務相として入閣していることも裁判が進展中の段階での静観という姿勢の背景にあるとの指摘もある。

このため判決公判で求刑通りの禁固1年が下され、検察、弁護側も控訴せずに刑が確定したときに果たしてジョコ・ウィドド大統領がなんらかのコメントを出すのかどうかが注目されている。


【話題の記事】
・スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、死亡率で世界最悪レベル
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・東京都、新型コロナウイルス新規感染31人を確認 6日連続で20人超え
・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.

ニュース速報

ワールド

新型コロナワクチン、今秋にも利用可能の公算=独政府

ワールド

OPEC、今年の石油需要見通し下げ 21年回復に懐

ビジネス

米経済活動の減速継続、雇用回復の勢い失速も=ボスト

ワールド

中国、エクアドル産冷凍エビの包装から新型コロナ検出

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 7

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 8

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 9

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 10

    アメリカは長崎に2つ目の原爆を落とす必要があったの…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 9

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 10

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月