最新記事

エンターテインメント

キスは1日1度だけ、ラブシーンはCGで? 「ウイズコロナ」の映画やドラマはこう変わる

2020年6月12日(金)20時23分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

長時間のキスシーンだとレインボーブリッジが赤くなるかも!? RyanKing999 - iStockphoto

<大河ドラマ『麒麟がくる』を前代未聞の放映休止に追い込んだ新型コロナ。ドラマや映画の撮影現場はどうなるのか──>

新型コロナウイルスの世界的パンデミックは、これまでの常識を覆し、まったく新しい日常の姿を定着させようとしている。映像の世界でも撮影休止などコロナの影響を大きく受けていたが、感染予防の策が練られて、休止していた撮影が徐々に再開されようとしている。

日本の各テレビ局はドラマなどの撮影再開にあたって、現場でのガイドラインを作っているようだ。「手洗いうがい、距離を保ち、接触は避ける」など基本的予防策はもちろんだが、これからは三密を避けるため、オーディションはリモートが推奨されるようになった。

また、これまで常識とされてきた顔合わせや読み合わせは、原則として行われなくなり、キャストや関係者からの差し入れも撮影現場ではよく見かける光景だったが、これらも禁止されている。

他にも、エキストラは極力使わないか最少人数で撮影する、食事シーンは控えるなど、作品の絵面に影響を与えてしまいかねない項目もある。さらに、注目されているのが濃厚接触といえるキスシーン問題だ。

恋愛ドラマに欠かせないキスシーンどうする!?

どうしても必要なシーンでは、リハーサルまでマスク越しで行い、本番1回、さらに1日1度のみ可能としている。だが、この1回でも感染するときはするので、どれだけ効果があるのか不明である。さらに、テレビ東京の指針では、マネージャーやプロデューサーまでもが、撮影中は現場から離れた場所でリモートにて様子を確認する事が記されている。

一方、日本の映画業界では、日本映画製作者連盟が、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門会議において示された「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」を作成した。こちらも、ドラマ業界同様、基本的に換気と消毒、三密を避けることが記されている。

ガイドラインによると、オーディションはオンラインで行い、現場でのケータリングは禁止されている。また、「20平方メートル以下の狭い場所での撮影の場合、出演者の他は演出部、撮影部、録音部等必要最小限のスタッフのみが立ち会うことを許可する」「他のスタッフはリモート・ビューイング機能により撮影に参加する」と、かなり細かい指示が記されている印象だ。

ラブシーンなど濃厚接触については、「身体的な接触が必要なシーンの撮影においては、出演者は前後に 手洗いと口唇・口腔内等の消毒を行うこととする」と、ドラマのように回数指定はされていないが、前後に各部位消毒することが記載されている。

ニュース速報

ワールド

タイで王室支持者数十人が集会、「国王には手を出すな

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

ワールド

英国との通商合意、数日中に相違解消なら可能=EU首

ワールド

英公的部門借り入れ、GDP比103.5%に拡大 1

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月