最新記事

エンターテインメント

キスは1日1度だけ、ラブシーンはCGで? 「ウイズコロナ」の映画やドラマはこう変わる

2020年6月12日(金)20時23分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

長時間のキスシーンだとレインボーブリッジが赤くなるかも!? RyanKing999 - iStockphoto

<大河ドラマ『麒麟がくる』を前代未聞の放映休止に追い込んだ新型コロナ。ドラマや映画の撮影現場はどうなるのか──>

新型コロナウイルスの世界的パンデミックは、これまでの常識を覆し、まったく新しい日常の姿を定着させようとしている。映像の世界でも撮影休止などコロナの影響を大きく受けていたが、感染予防の策が練られて、休止していた撮影が徐々に再開されようとしている。

日本の各テレビ局はドラマなどの撮影再開にあたって、現場でのガイドラインを作っているようだ。「手洗いうがい、距離を保ち、接触は避ける」など基本的予防策はもちろんだが、これからは三密を避けるため、オーディションはリモートが推奨されるようになった。

また、これまで常識とされてきた顔合わせや読み合わせは、原則として行われなくなり、キャストや関係者からの差し入れも撮影現場ではよく見かける光景だったが、これらも禁止されている。

他にも、エキストラは極力使わないか最少人数で撮影する、食事シーンは控えるなど、作品の絵面に影響を与えてしまいかねない項目もある。さらに、注目されているのが濃厚接触といえるキスシーン問題だ。

恋愛ドラマに欠かせないキスシーンどうする!?

どうしても必要なシーンでは、リハーサルまでマスク越しで行い、本番1回、さらに1日1度のみ可能としている。だが、この1回でも感染するときはするので、どれだけ効果があるのか不明である。さらに、テレビ東京の指針では、マネージャーやプロデューサーまでもが、撮影中は現場から離れた場所でリモートにて様子を確認する事が記されている。

一方、日本の映画業界では、日本映画製作者連盟が、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門会議において示された「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」を作成した。こちらも、ドラマ業界同様、基本的に換気と消毒、三密を避けることが記されている。

ガイドラインによると、オーディションはオンラインで行い、現場でのケータリングは禁止されている。また、「20平方メートル以下の狭い場所での撮影の場合、出演者の他は演出部、撮影部、録音部等必要最小限のスタッフのみが立ち会うことを許可する」「他のスタッフはリモート・ビューイング機能により撮影に参加する」と、かなり細かい指示が記されている印象だ。

ラブシーンなど濃厚接触については、「身体的な接触が必要なシーンの撮影においては、出演者は前後に 手洗いと口唇・口腔内等の消毒を行うこととする」と、ドラマのように回数指定はされていないが、前後に各部位消毒することが記載されている。

ニュース速報

ビジネス

23年度借換債収入が再び過去最大、157兆円超と想

ワールド

ロシア、欧米によるナワリヌイ氏釈放要求を拒否

ワールド

英国のワクチン配布、メーカーの生産に遅れ=担当相

ワールド

ワクチン接種体制を強化、担当に河野行政改革相を起用

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月