最新記事

パンデミック

世界の新型コロナ感染者1000万人突破、死者50万人に到達

2020年6月29日(月)16時13分

COVID─19(新型コロナウイルス感染症)による死者が28日、世界全体で50万人に達した。写真は27日、新型コロナウイルス感染症で死亡した人のために準備されたジャカルタの墓地で撮影(2020年 ロイター/Willy Kurniawan)

ロイターの集計によると、COVID─19(新型コロナウイルス感染症)による死者が28日、世界全体で50万人に達した。世界の累計の感染者数は1000万人を突破した。

COVID─19による死者は50万1000人、感染者は累計で1010万人。

死者数の増加ペースはこの数週間で落ち着きつつあるものの、公衆衛生の専門家らは、米国やインド、ブラジルでの新規感染者数の記録的な増加や、アジアの一部諸国における感染再拡大に懸念を示している。


28日には中南米の感染者数が欧州を上回り、北米に次ぐ規模となった。オーストラリアでは1日の新規感染者が2カ月超ぶりの水準となり、一部の地域で制限措置の再導入が検討されている。

6月1─27日のデータに基づくロイターの集計によると、24時間に平均で4700人以上が新型コロナ感染症で死亡している。1時間当たりで196人、18秒あたり1人が死亡していることになる。

ロイターのデータによると、新型コロナ感染症の世界全体の死者数のうち、米国がおよそ4分の1を占めた。米国では最近、早期に積極的に経済再開に動いた南部、西部の一部の州で、感染者が急増している。

新型コロナ感染症による死者数は、月当たりでみると世界全体で7万8000人。世界保健機関(WHO)の2018年の統計では、エイズ(AIDS、後天性免疫不全症候群)関連の死亡者数は月当たり6万4000人、マラリアによる死者数は月3万6000人となっている。

医療の専門家の多くは一部の国で新型コロナの感染者と死者の数が過少報告されている可能性が高いとし、公式のデータをうのみにはできないと警告している。

変わる埋葬儀式

死者数の増加に伴い世界各地で伝統的な埋葬儀式に変化が生じており、遺族が故人に直接別れを告げることを禁じられることも少なくない。

イスラエルではイスラム教徒が死者の遺体を洗う習慣は認められておらず、遺体は布に包む代わりにビニール袋に入れなければならない。また喪に服している家に親族が7日間通うユダヤ教のシバと呼ばれる伝統も困難になっている。

イタリアではカトリック教徒が葬儀も司祭の祝福もなく埋葬されている。

高齢者に高い感染リスク

公衆衛生の専門家は人口動態と死亡率の関係を調べている。人口が高齢化している欧州の一部の国では死亡率が高いとう報告もある。

欧州疾病予防管理センター(ECDC)が4月に発表した報告書によると、20カ国の30万件以上の症例を調べた結果、死者の約46%が80歳以上だった。

インドネシアでは、何百人もの子供たちが死亡したとされるが、保健当局者は栄養失調や貧血などが原因であると考えている。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・東京都、新型コロナウイルス新規感染60人を確認 6月の感染者合計886人に
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証
・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.


20200630issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?

ニュース速報

ワールド

「信頼できない」中国アプリ、アプリストアから削除を

ワールド

ブラジル中銀、政策金利を2.25%から2.00%に

ワールド

コロナワクチン、来年初めまでに数千万回分用意も=フ

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月