最新記事

北朝鮮

北朝鮮当局者、新型コロナの感染確認を認める

North Korea Has Reportedly Confirmed Coronavirus Cases for First Time

2020年4月21日(火)19時18分
スー・キム

北朝鮮は今も公式には国内感染者はいないとしている(写真は2015年、平壌の地下鉄) REUTERS/Damir Sagolj

<世界最高の医療のおかげで感染者ゼロと主張してきたが、3月末のコロナ対策講演会で初めて、感染者が複数確認されたことを住民に認めていた>

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は4月17日、北朝鮮の当局者が3月下旬頃に、国内の3つの地域で新型コロナウイルスの感染者が報告されたことを認めていたと報道した。

北朝鮮は対外的には感染者の存在を認めておらず、国家衛生検閲院の朴名帥院長は4月1日にAFPの取材に対して、「これまでのところ、我が国では新型コロナウイルスの感染者は一人もいない」と主張。「我々は北朝鮮に入国する全ての人について検査や検閲を実施し、徹底した消毒作業を行ってきたほか、陸・海・空の全ての国境も閉鎖するという予防的措置を取ってきた」と述べていた。

だが実際には、北朝鮮政府の複数の当局者が3月末に一般市民に向けて新型コロナウイルスに関する講演を行い、同国は世界で最も感染者の数が少ないと主張していたという。RFAが北朝鮮北部にある両江道の住民(匿名)に聞いた話として報じた。

この住民はRFAに対して、政府当局者が同地域の全ての住民を対象に「元帥様の方針貫徹のために新型コロナ防疫プロジェクトに団結して取り組もう」と題した講演を行ったと説明し、「講演者は、国内で複数の感染者が確認されたと述べた」と語った。

「3地域だけのはずがない」

政府当局者は、北朝鮮国内で感染者が確認されているのは、平壌と黄海南道、咸鏡北道の3つの地域のみだと述べたという。だがこの住民は「地図を見ると、咸鏡北道は一番上に、黄海南道は一番下にあり、平壌はその中間にある。それなのに、感染者がこの3カ所でしか出ていないなんて信じられない」と語っている。「ウイルスが国の最北端から最南端まで広がったなら、もう国内の全ての地域に広がっているはずだ」

さらにこの住民は次のように語っている。「政府の当局者は、私たちが朝鮮労働党の検閲ガイドラインをきちんと守らなかったために、経済に深刻な損害がもたらされたと言っていた。そして、さらなる損害を阻止するために、一丸となって新型コロナウイルスとの戦争に勝利しようと呼びかけた」

またこの人物によれば、この政府当局者は、北朝鮮には「世界で最も優れた医療制度が整っているため、世界で最も感染者が少ない」とも述べていたという。

また別の情報筋がRFAに語ったところによれば、講演会は平壌でも実施され、国内の感染状況については両江道での講演会と同じ説明が行われた。

「講演者は私たちに、優れた医療制度と医療政策のお陰で、感染例の最も少ない国に暮らしていることを誇りに思うべきだと言っていた」とこの情報筋は述べている。

<参考記事>新型コロナウイルス、なぜ再び陽性になる? 韓国で進む研究と新たな疑問
<参考記事>国連「アフリカ、新型コロナウイルスで30万人死亡・2900万人が極度貧困の恐れ」

ニュース速報

ビジネス

印フューチャー、事業売却中止なら清算手続き アマゾ

ビジネス

トランプ・バイデン両候補が激戦州ペンシルベニアで舌

ワールド

ナゴルノ紛争、米仲介の停戦発効後も攻撃続く

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画引き

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月