最新記事

米大統領選

サンダース撤退で民主党はバイデン指名確実 トランプへの勝ち目は

Joe Biden vs Donald Trump: What the Latest Polls Are Saying

2020年4月9日(木)13時45分
アンドリュー・ファインバーグ

バイデンはリードを守れるか REUTERS/Carlos Barria

<新型コロナウイルスの感染拡大に関するトランプの仕事ぶりに不満を抱く有権者が多いことがバイデンにとって有利にはたらいている>

米大統領選に向けて民主党の指名候補争いを展開していたバーニー・サンダース上院議員(バーモント州選出)が4月8日、選挙戦からの撤退を表明。これにより、11月の本選でドナルド・トランプ大統領と対決する民主党候補は、ジョー・バイデン前副大統領になることが確実になった。

最近の世論調査が目安になるならば、再選を目指すトランプの状況は厳しい。政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」が3月11日から4月7日にかけて実施した全国世論調査では、トランプはバイデンに支持率で平均6.1ポイントの差をつけられている。その他の全国規模の世論調査でも、程度の差はあるものの、バイデンはトランプをリードしている。ハーバード大学と調査会社ハリス・インサイツ&アナリティクスが3月24日から26日にかけて実施した調査では、10ポイントのリード。その前の州にモンマス大学が実施した調査では、3ポイントのリードだった。

エコノミスト誌の依頼で調査会社ユーガブが実施した、さらに直近の4月5日から7日にかけての世論調査では、バイデンは登録有権者の間で48%の支持を獲得。42%のトランプに6ポイントの差をつけている。

コロナ対応への不満が支持率に影響

また同調査に回答した登録有権者のうち、51%はトランプの大統領としての仕事ぶりを「支持しない」と回答。「少なくとも幾らかは支持する」と回答した者は45%だった。トランプ個人に対する評価もほぼ同じ結果で、「好ましくない人物」という回答は51%、「好ましい人物」という回答は44%だった。

バイデンは、2016年の大統領選でトランプを勝利に導いた複数の州でも、トランプを僅差ながらリードしている。

マーケット大学法科大学院が3月24日から29日にかけて実施した調査によれば、バイデンはウィスコンシン州での支持率でトランプを3ポイントの僅差でリード。同州は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、トニー・エバーズ知事(民主党)が予備選の延期を命じていたが、州最高裁がこれを無効と判断。予定どおり7日に予備選が実施された。

ノースフロリダ大学が3月31日から4月4日にかけて、3244人の登録有権者を対象に実施した調査によれば、バイデンはフロリダ州でも、トランプを6ポイント引き離している。

<参考記事>新型コロナ蔓延でアメリカ大統領選は「未知の領域」へ
<参考記事>ついに復活、大本命バイデンの「内なる敵」は若者たち?

ニュース速報

ワールド

日本警察に保護求めたベラルーシ選手、「安全な状況」

ワールド

タイがコロナ封鎖強化延長、高リスク指定地域を拡大

ビジネス

米投資会社CD&R、英モリソンズに対抗買収案提示へ

ワールド

ペルー新大統領、穏健派エコノミストを財務相に指名

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月