最新記事

コロナ危機後の世界経済

未曾有の危機には米政府の「景気刺激策」では不十分

IS $2 TRILLION TOO LITTLE, TOO LATE?

2020年4月3日(金)19時20分
マイケル・ハーシュ

現金給付より雇用の維持が急務だ(コロナ対策の記者会見に臨んだトランプ) JONATHAN ERNST-REUTERS

<トランプ政権は大規模な財政出動で早期の回復を目指すが、急務は雇用の維持と債務の返済猶予──。本誌「コロナ危機後の世界経済」特集より>

投資家の期待は予想以上だった。新型コロナウイルスの感染拡大による経済損失の軽減を目指す総額2兆ドル規模の景気刺激策が米議会で成立する見通しになった途端、米株式市場は急反発し、史上最大の上げ幅を記録した。だがアメリカ国内と世界中の経済活動が突然ストップした今、この対策では迅速な回復は期待できないとの厳しい見方もある。

20200407issue_cover200.jpgいま必要なのは「景気刺激策」でも、一時しのぎの現金給付でもない。ローンの返済を猶予すること、操業停止などに追い込まれた企業の従業員にちゃんと賃金が支払われるようにすること。それが、政府が早急に取るべき対策だ、というのだ。

ホワイトハウスの専門家の慎重論にもかかわらず、ドナルド・トランプ米大統領は4月12日までに経済活動を一部再開すると発表した。強引に再開できたとしても、コロナショックが経済に及ぼす永続的な大損失を防ぐには、前例のない規模での政府の介入が不可欠だ。

3月24日に景気刺激策の早期成立の見込みが伝えられると、ダウ平均は1933年にフランクリン・ルーズベルトがニューディール政策を始めて以来の最大の上昇率を記録し、前日比2113ドル高の2万705ドル近い終値を付けた。だが、これは3月中旬に1931年9月以来最大の下げ幅を記録した弱気相場からの揺り戻しだ。市場の動きは、過去最大の景気対策が大恐慌への対策並みの重要性を持つことを物語る。

最も差し迫った問題は、大恐慌時代よりも急速に国中の経済活動が停止し、アメリカ史上かつてないペースで労働者が一時解雇されていることだ。それにより企業の負債から個人の住宅ローンまで、債務の返済が全面的に滞る事態が予想される。

デフォルト(債務不履行)の嵐を防ぐには、債務契約上の義務を一時的に猶予し、差し押さえや立ち退き、破産申請など経済に長期の打撃を与える動きを防ぐことだと、著名な経済学者らは異口同音に主張する。連邦政府が介入して、民間の契約に暗黙の「不可抗力条項」があるとの解釈で債務返済を猶予すること。そして、一時解雇されたり休暇を強いられたりしている大勢の労働者に給与が支払われるようにすることだ。

「『刺激策』という言葉自体、この危機の性質が理解されていないことを示している」と、コロンビア大学教授でノーベル賞経済学者のジョセフ・スティグリッツは言う。「リーマン・ショックでは極端な信用収縮が懸念された。あの時は金融システムが機能停止に陥って、トップダウンで危機が起きたが、今回はボトムアップだ。(議会では)それが十分議論されなかった。賃金が支払われなければ、人々は物を買えない。(現金給付で)食べ物は買えるにしても家計は逼迫したままだ」

ニュース速報

ワールド

再度の緊急事態宣言、誰にとっても好ましくない=小池

ワールド

中国商務省、自国企業への差別中止をインドに要請

ビジネス

中国自動車販売台数、6月は前年比11%増の見込み=

ワールド

東京の新規感染107人、「感染拡大要警戒」の段階と

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 5

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 6

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 7

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 8

    海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

  • 9

    山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 5

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 6

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 9

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 10

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 7

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月