最新記事

エネルギー

原油価格「マイナス40ドル」、消費者に恩恵は?

US Gas Prices Hit Record Lows as Crude Oil Crashes Below $0 For First Time

2020年4月21日(火)18時03分
ベンジャミン・フィアナウ

今、原油は生産するのも止めるのも地獄 Morteza Nikoubazl-REUTERS

<史上初めてのマイナス価格の意味は、お金を出しても原油の買い手がいないということだ。新型コロナウイルスの影響がここまできた>

アメリカの原油先物は4月20日、史上初めて0ドルを割ってマイナス37.59ドルを記録した。業界筋は原因として、新型コロナウイルス感染症によるロックダウン(都市封鎖)による需要不足と、余った原油の貯蔵場所の不足を挙げる。

今年1月5日に64ドル72セントの高値を付けたウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は、マイナス37.59ドルまで暴落した。商品取引の専門家ボブ・イアッチノは本誌に対し、マイナス価格は前例がないと述べた。

複数の石油トレーダーによると、5月渡しの原油は需要がなく、貯蔵するスペースもないという。また、来週ペルシャ湾に到着する原油も数カ月前に発注されたもので、今は行き先を失っている。貯蔵スペースと物理的輸送にかかるコストは、需要が減少しても変わらずかかる。つまり、現在原油の売り手は、買い手にお金を払って買ってもらわなければならない状況ということだ。

マイナス価格でも操業を止めない理由

ただし原油先物がマイナス価格になったといっても、ガソリンを買う消費者までがお金をもらえるわけではない、と専門家は警告する。マイナスになった5月渡しの原油先物の期限は4月21日、つまり今日なのだ。

「目先の原油需要がなくなっているのは、世界中で外出禁止令が出されているためだ。だから売り手は、『この原油を始末してくれたらこっちも助かる』と言って歩いている状態だ」と、イアッチノは言う。「1バレルあたりマイナス35〜40ドルということは、1000バレル分の先物を買っておけば、将来、原油を受け取った時に3万5000ドルを手に入ることになる。もっとも、その原油をどこに保管するかは別問題だが」

原油先物が0ドルを下回る「異常」事態のもう一つの理由は、貯蔵コストが現時点の需要を超えてしまったせいだと言う。原油は、環境に優しい貯蔵施設か、規制当局から承認を受けたタンクに保管しなければならない。

コンサルタント会社エナジー・アスペクツのチーフ石油アナリスト、アムリタ・センは本誌にこう説明する。「原油価格が0ドルになれば、生産者は普通、生産を止めるはずだ。だが実際は、お金を払ってでも誰かに原油を引き取ってもらった方が、生産設備を閉鎖するよりは経済的だ。原油の生産設備は閉鎖するにも莫大なコストがかかる」

センはアメリカの消費者に対し、原油先物の価格暴落は長期的な価値を反映したものではない可能性が高いと述べ、4月20日に価格がマイナスになったからと言って、ドライバーが「ガソリンを満タンにしてお金をもらえる」事態はあり得ないと釘を刺した。とはいえ、短期的なガソリン小売価格は、すでに多くの州で1ガロンあたり1ドルを割っている。昨年2019年の同時期は、1ガロンあたり2ドル83セントだった。

ニュース速報

ビジネス

中国、成長安定とリスク防止のバランス取る=人民銀総

ワールド

EU、英に決断迫る 通商協議の時間切れ迫る

ワールド

タイで王室支持者数十人が集会、「国王には手を出すな

ワールド

アルメニア大統領、ナゴルノ問題でEU・NATOと協

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 2

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 3

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 10

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 9

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 10

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月