最新記事

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっていない

Passengers Quarantined on Two Cruise Ships Were Released. Then They Tested Positive for Coronavirus.

2020年2月19日(水)14時40分
エリオット・ハノン

クルーズ船ウエステルダム号から降りた乗客を「濃密に」歓迎するカンボジアのフン・セン首相(2月14日、シアヌークビル) REUTERS

<厳しい隔離措置をとったダイヤモンド・プリンセスでは船内感染が拡大しウエステルダムは下船後に乗客の感染が確認されるという不始末>

ウイルスを封じ込めるのがいかに難しいか、思い知らされる毎日だ。それを最も凝縮した形で示しているのが、2隻のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」と「ウエステルダム」だろう。2隻のクルーズ船の乗客がたどった下船への道は対照的だったが、検査法や感染予防のあり方を含め、数千人という人々を閉鎖空間に閉じ込めながら感染を防ぐことの困難さを見せつけた点では同様だ。

2隻のうちより大きな注目を集めてきたのは、ダイヤモンド・プリンセスだ。乗員・乗客3700人を乗せた17階建ての豪華客船は、1月25日に香港で下船した乗客が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、2月3日から日本の横浜港で2週間の隔離措置を受けてきた。

しかしそのうち感染者が日々急増し始め、船内に閉じ込められることでむしろ感染リスクが高まっているのではないか、という「船内感染」への懸念と強まっている。

<参考記事>新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない
<参考記事>マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

ウエステルダム下船の乗客は既に世界に拡散

ウエステルダムの乗客たちの経験は、これとは大きく異なる。乗客・乗員2250人以上を乗せたウエステルダムは、2月1日に香港を出港し、15日に最終目的地の横浜に到着する予定だった。だが新型コロナウイルスに感染した乗客がいる疑いが生じたため、複数の国の寄港先に入港を拒否された後、13日に中国政府の要請を受けたカンボジアに入港した。

だが、翌日すぐに「恐ろしい」ことが起こった。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、「同クルーズ船に感染者は確認されなかったとして、何百人もの乗客が大喜びで下船」してきたのだ。写真を見ると、下船した乗客たちも、それをわざわざ出迎えたフン・セン首相も、マスクもせず抱き合っている。そして乗客は自由の身になり、三々五々、散って行ったのだ。

ウエステルダム号の「自由な」船内


「下船した乗客の一部は観光地やビーチ、レストランを訪れたり、マッサージを受けたりした。そのほかの者たちは、カンボジアから別の国に渡った。だがそのうち一人は、マレーシアのクアラルンプール国際空港で『御用』になった。そのアメリカ人女性は空港での検温に引っかかり、検査で新型コロナウイルスの感染が確認された」と、ニューヨーク・タイムズは書いている。一人の感染が確認されたことで、他の乗客たちにも感染の疑いが浮上したが、その多くは既に世界中に散ってしまっている。

「対応の不備は予想していたが、ここまでひどいとは思わなかった」と、米バンダービルト大学医療センターの伝染病専門家、ウィリアム・シャフナー博士は同紙に語った。これで、新型コロナウイルスを中国だけに封じ込めておくことは困難になったかもしれない、というのだ。

カンボジア政府は、WHO(世界保健機関)と米疾病対策センター(CDC)の定めた手順に従って、下船する乗客の検査を行ったと主張している。そこに本当に不備があったのかどうかはまだ不明だが、確実な検査がそう簡単でないことはダイヤモンド・プリンセスの例を見れば明らかだ。

新型コロナウイルスの種は、すでに世界にバラまかれてしまったのだろうか。

20200225issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月25日号(2月18日発売)は「上級国民論」特集。ズルする奴らが罪を免れている――。ネットを越え渦巻く人々の怒り。「上級国民」の正体とは? 「特権階級」は本当にいるのか?

© 2020, Slate

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米、航空券の価格と手数料の一体表示ルール提案

ワールド

バイデン米大統領、企業に手数料廃止や値下げ要請 高

ビジネス

企業向けサービス価格、8月は前年比プラス1.9% 

ビジネス

TikTok、売却回避に向けた計画が前進=米紙

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 7

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 8

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月