最新記事

情報セキュリティー

モサド元長官が日本人へ語る「組織を率いる心得」

2020年2月7日(金)18時00分
山田敏弘(国際ジャーナリスト)

まずハクセムは防御するクライアントのネットワークを認識し、現在世界で発生しているサイバー攻撃を把握する。それを受けて、仮想の攻撃を担当する「レッドチーム」は、把握したサイバー攻撃で実際にクライアントのネットワークを攻撃し、ネットワークに脆弱性がないかを調べる。簡単に言うといわゆる「ペネトレーション・テスト(侵入テスト)」であり、擬似的な攻撃テストなのだが、現実に想定される攻撃をシミュレーションし、休むことなく自動的にテストを行う。

次に、攻撃に対する防御を担当する「ブルーチーム」は、攻撃を受ける可能性がある脆弱性の修正方法を探り、さらにレッドチームの攻撃を分析して、セキュリティーの穴を埋めるソリューションを提案する。また同社のシステムの特徴として、レッドとブルーの間に位置付けられる「パープル・チーム」の存在がある。これにより、レッドの攻撃側面とブルーの防御側面の両者からの情報に照らして、どのように攻撃が広がるかなどを自動解析し、総合的な評価を行うのだ。

このシステムには、モサドの「哲学」が生かされている。パルドによれば、「攻撃される前に対応しなければ意味がない......私たちモサドは、様々な興味深い経験をしてきた。イスラエルは建国以来、ずっと脅威にさらされてきた。とにかく、私たちそうした様々な脅威を、早い段階で排除する必要があった。すべては、イスラエルに安全をもたらすためだ」という。

サイバーセキュリティーの重要性をモサド時代から感じていたというパルドの目には、サイバー空間の現状はどう映っているのか。「私たちはここ10~15年で、プライバシーというものを失ってしまった。過去を振り返ると、私の自宅は他人を簡単には侵入させない、まさに"城"だったが、今はその"城"はスマートフォンになった。スマホにはありとあらゆるものが入っており、外部からでも、人々が何を見て、何を考え、今何をしているのかについて、情報を獲得できてしまう。あなたに危害を与えることもできる。これが今日、私たちが直面している脅威なのだ。子どもも含めたすべての人間がそんな世界におり、非常に注意する必要がある」

そしてこう付け加える。「インターネットなどから派生する便利なものが溢れる今日、私たちはサイバー脅威が現実のものであることにまず気が付く必要がある。SNSやテクノロジーからさまざまな利点を得ているが、反対に、リスクも大きい」

個人が様々なデバイスを手にし、SNSなどで情報を発信できるようになった今、私たちもサイバー攻撃を自分たちの問題であると自覚し、セキュリティー意識を持つ必要が出てきている。「いまだに、政府がすべてを解決できるという間違った考え方をしている人たちがいる。すべての企業、すべての地方都市などが自分たちで、サイバー攻撃には立ち向かうべきである」

これこそが、最近までモサドという組織の中から見て感じていた、サイバー空間の現実なのだ。

さらにパルドにモサドという組織そのものについても聞いた。『世界のスパイに食い物にされる日本』で詳述しているが、ここではその内容からいくつか紹介したい。筆者が最も聞きたかったのは、なぜモサドは世界有数の「凄腕」諜報機関とまで言われるようになったのか、だ。

ニュース速報

ワールド

米、COVAXへの参加を検討=ファウチ氏

ワールド

英国とEU、駐英EU大使の外交的地位巡り対立

ビジネス

アングル:環境関連の資産購入、「首相肝いり」で日銀

ビジネス

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 6

    ホワイトハウスを去るトランプ側近の手には思い出の…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月