最新記事

ウクライナ疑惑

トランプ、駐ウクライナ大使「解任しろ!」録音記録見つかる 弾劾裁判に影響か

2020年1月27日(月)10時45分

トランプ米大統領(写真)が2018年4月に「トランプ・ホテル」で開かれた夕食会で、ヨバノビッチ駐ウクライナ大使(当時)を解任するよう命じている音声が見つかった。ロイターが25日、この音声を含む録画記録を入手した。24日、ホワイトハウスで撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

トランプ米大統領が2018年4月に「トランプ・ホテル」で開かれた夕食会で、ヨバノビッチ駐ウクライナ大使(当時)を解任するよう命じている音声が見つかった。ロイターが25日、この音声を含む録画記録を入手した。

録画記録は、トランプ大統領の顧問弁護士ジュリアーニ氏に過去に協力した実業家のレフ・パルナス被告(選挙資金法違反で起訴)の弁護士、ジョセフ・ボンディ氏から入手した。

録画記録は83分の長さで、最初にトランプ氏が写真撮影のためにポーズととってから、大きなテーブルと15人の席が用意された部屋に入る姿が映されている。その後はほとんどが天井が映されているだけで、参加者の姿は入っていない。

この夕食会の録音記録については、米ABCニュースが24日に報じている。

録画記録の半ばで、参加者の1人がヨバノビッチ大使は問題だと示唆すると、トランプ氏が「解任しろ!あした解任しろ。どうなろうと私には関係ない。あした解任だ。分かったか、やるんだ」と述べている声が記録されている。

米ホワイトハウスはコメントの求めに応じていない。

ヨバノビッチ氏は2019年5月に解任されており、トランプ氏の弾劾訴追の根拠とされる一連の行為で主要な人物となっている。トランプ氏は24日、FOXニュースにヨバノビッチ氏が「好きではなかった」と述べた。

民主党は、ウクライナ政府にトランプ氏の政敵である民主党のバイデン前副大統領を調査するよう圧力をかけるのに、ヨバノビッチ氏が邪魔だと考えたトランプ氏の側近らが、同氏を解任するために1年近く奔走したと主張している。

パルナス被告は前週、夕食会で交わされた会話についてメディアとのインタビューで語っている。トランプ氏はパルナス被告を知らないと述べている。

弁護士のボンディ氏によると、パルナス被告はABCの報道後、トランプ氏が命令を出す声を録音したデジタルのデータを見つけ、トランプ氏に対する調査を継続している下院情報特別委員会に提出したという。

録画記録によると、夕食会で他に話題になったのは大麻事業の資金調達、テスラ、アマゾン・ドット・コム、天然ガス、アルミニウム、鉄鋼、ゴルフ、ロシア、ウクライナだった。

[ワシントン ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200204issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月4日号(1月28日発売)は「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集。声優/和菓子職人/民宿女将/インフルエンサー/茶道家......。日本のカルチャーに惚れ込んだ中国人たちの知られざる物語から、日本と中国を見つめ直す。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月