最新記事

北朝鮮

「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設担当者の不安な未来

2020年1月24日(金)16時30分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

2017年1月、タワーマンション建設中の黎明通りを視察する金正恩 KCNA-REUTERS

<金正恩が建設を急いだ首都・平壌「黎明通り」のタワーマンション群で、柱と基礎に重大な欠陥が見つかった>

北朝鮮の人民武力相(防衛省に相当)に、金正官(キム・ジョングァン)陸軍大将が新たに任命されていたことが22日、判明した。

国営の朝鮮中央通信が同日、平壌で21日に山林復旧および国土環境保護部門の活動家会議が開催されたことを報道した中で、金正官氏を「人民武力相(陸軍大将)」と紹介したのだ。

500人死亡の修羅場

北朝鮮の軍は、金正恩党委員長が最高司令官の座にあり、その下に3人の最高幹部がいる。朝鮮労働党による軍の統制を担う総政治局長、戦闘指揮官である総参謀長、そして軍事行政を担当する人民武力相だ。

これまで、人民武力省の次官として知られていた金正官氏は、どうやら軍の建設部門を統括してきたようだ。北朝鮮メディアは2019年5月、金正恩氏が東海岸の元山葛麻(ウォンサンカルマ)海岸観光地区の建設現場を視察した際、金正官氏が同行したことを報じた。また2017年3月には、「黎明(リョミョン)通り」の建設現場視察に同行したことも伝えられている。

元山葛麻も黎明通りも、金正恩氏が最も力を入れてきた事業だ。特に北朝鮮の首都・平壌の大城(テソン)区域に位置する「黎明通り」のタワーマンション群は、同国最大のランドマークと言える。高さの面で言えば、日本のどのタワマンをもしのいでいるのだ。これをわずか1年で完成させたというから、金正官氏の実行力は並大抵のものではないようだ。

しかし、まさにその経歴が、金正官氏の未来を不安視させる要素にもなる。

韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)は1年ほど前、黎明通りのタワマンで柱の膨張や地盤沈下が起きていると伝えた。コンクリートの乾燥を早める混合剤に問題があったもようだという。

柱と基礎の重大な欠陥が同時に見つかるとは、まさに倒壊につながりかねない危機と言って差し支えないだろう。また、黎明通りに次ぐ規模のタワマン群がある「未来科学者通り」の建設に動員された元朝鮮人民軍兵士は以前、デイリーNKジャパンの取材に次のように答えた。

「未来科学者通りは金正恩が自ら旗を振った事業でもあり、当初は安全管理についても関係当局から厳しく指導されていました。しかし、現場に供給されているはずの資材が足りないといったことが、次第に増えました。しかも、どんどん工期が迫ってくる。セメントと砂の混合比率や鉄筋の使用量が、上層階に行くほどいい加減になっていきました。北朝鮮で地震はほとんど起きませんが、いずれ何かの拍子に、建物がぜんぶ崩壊してしまうのではないでしょうか」

実際、平壌では2014年、完成したばかりのマンションが崩壊して500人が犠牲になる大惨事があった。北朝鮮当局は従来、こうした事故を徹底して隠ぺいするが、このときは犠牲者の多くが朝鮮労働党中央委員会の職員家族だったこともあって、やむをえず公表している。

<参考記事:「手足が散乱」の修羅場で金正恩氏が驚きの行動...北朝鮮「マンション崩壊」事故

黎明通り建設の実態もまた、これと似たようなものではないか。金正恩氏自慢のタワマンで大規模な事故が起きれば、その建設指揮官が無慈悲な処罰を受けるであろうことは想像に難くない。

<参考記事:やっぱり事故が起きていた金正恩氏「恐怖写真」の現場

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。

dailynklogo150.jpg



関連ワード

ニュース速報

ビジネス

ECB、FRB型の新物価戦略採用すべき=フィンラン

ビジネス

新型コロナワクチンで経済急加速との判断は時期尚早=

ワールド

EU、モデルナと新型コロナワクチン供給契約 最大1

ビジネス

コロナ再拡大、経済や金融の安定確保が何より重要=日

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月