最新記事

テレビ

『セサミストリート』50周年、人種問題を超えたマペットたちは子供番組の革命児だった

After Sesame Street: What’s Next for Children’s TV?

2020年1月22日(水)17時00分
アンジェラ・サントメロ(テレビプロデューサー)

1969年の放送開始以来『セサミストリート』のマペットたち は全米の子供に愛されてきた SESAME WORKSHOP

<人種的に多様な出演者と愛嬌たっぷりのマペットたちが登場し、半世紀間子供たちを魅了してきた『セサミストリート』。テレビを教育目的に利用し、子供たちの成長を助けたいという理想をどう受け継ぐか>

今から半世紀前、子供向け番組の革命的アプローチが生まれた。『セサミストリート』の生みの親ジョーン・ガンツ・クーニーがテレビを教育目的に利用し、子供たちの成長を助けたいと考えたのだ。

この構想の下、教育専門家、脚本家、プロデューサーがワークショップを結成。人種的に多様な出演者と愛嬌たっぷりのマペットが登場する、ファンタジーと現実を織り交ぜた番組を制作した。1969年11月に放送が始まると、『セサミストリート』はたちまち子供たちを魅了した。

ちょうどその頃、もう1人の先見の明あるプロデューサーが子供たちのために別の角度からテレビを活用できないかと考えた。一人一人の子供を尊重し、子供が自分の気持ちを表現するのを助けるような番組を作れないか、と。

長老教会の牧師でもあったフレッド・ロジャースは気さくで穏やかな「近所のおじさん」のようにテレビ画面を通じて子供たちに語り掛け、日々の喜びや悲しみにどう向き合えばいいのか、ヒントを与えようとした。

こうして生まれたのが伝説的な人気番組『ミスター・ロジャース・ネイバーフッド』だ。子供時代にこうした画期的な番組に夢中になった私は、大人になると今度は自分が作る側に回りたいと思った。子供たちが楽しく遊びながら学べる人気番組を作りたい、と。

だが25年ほど前に私が仕事を始めた当時、子供番組はクーニーとロジャースの理想から後退しているようだった。商業的には成功しても教育的な価値はない番組が幅を利かしていた。

それが私のやる気に火を付けた。子供番組のパイオニアたちが築いた土台を基に、彼らの理想をさらに推し進めよう。そんな思いから仲間たちと制作したのが96年放送開始の『ブルーズ・クルーズ』だ。

ニュース速報

ビジネス

アングル:ドル、安全資産として円や金をしのぐ 9月

ワールド

トランプ氏選対幹部が辞任、期待外れの選挙集会後に本

ワールド

混迷の米大統領選討論会、秩序維持へ対応策 運営側が

ビジネス

豪住宅価格、9月は5カ月連続で低下 メルボルン・シ

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月