最新記事

テロ

米、軍事訓練のサウジ研修生21人の登録抹消 発砲事件後の調査で反米思想など判明

2020年1月14日(火)08時54分

米フロリダ州の米海軍基地で12月に研修中のサウジアラビアの空軍少尉が発砲し、米国人3人が死亡した事件に絡み、サウジ政府は米国で軍事訓練を受けている研修生21人を帰国させることを決めた。バー米司法長官(写真)が13日、明らかにした(2020年 ロイター/Tom Brenner)

米フロリダ州の米海軍基地で12月に研修中のサウジアラビアの空軍少尉が発砲し、米国人3人が死亡した事件に絡み、サウジ政府は米当局の調査を受け、米国で軍事訓練を受けている研修生21人を帰国させることを決めた。バー米司法長官が13日、明らかにした。

同州ペンサコーラ海軍航空機基地で12月6日に起きた発砲事件では、8人の負傷者も出ており、米サウジ関係に微妙な影を落とした。容疑者のサウジ空軍所属モハメッド・サイード・アルシャムラニ少尉は事件直後に射殺された。

バー長官は、これまでの調査でサウジの研修生21人が児童ポルノを所持するかイスラム過激主義もしくは反米的なコンテンツを含むソーシャルメディアのアカウントを所有していることが判明したと説明。訓練プログラムの登録を抹消され、13日中に米国を去るという。

ただ、米政府が国外追放を決めたのではなく、サウジ政府が帰国命令を出したと述べた。サウジ当局からは研修生21人の起訴を検討する意向を伝えられたと付け加えた。

バー氏はまた、アルシャムラニ容疑者の襲撃計画を他の研修生が支援した、または知っていたと示す証拠は出ていないと語った。

「これはテロ行為だ」と強調し、「容疑者は聖戦(ジハード)の思想に駆り立てられたことが調査で明らかになっている」と述べた。

米アップルが容疑者の2台の携帯電話のロック解除に協力していないとの不満も述べた。米連邦捜査局(FBI)はロック解除にあらゆる手段を尽くしたという。

アップルはコメントの求めに応じていない。同社はこれまでに、所持しているすべてのデータをFBIに渡したと表明している。

[ワシントン 13日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



20200121issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月21日号(1月15日発売)は「米イラン危機:戦争は起きるのか」特集。ソレイマニ司令官殺害で極限まで高まった米・イランの緊張。武力衝突に拡大する可能性はあるのか? 次の展開を読む。

ニュース速報

ワールド

香港、コロナ感染拡大で厳格な行動制限再導入

ワールド

タイ、入国規制を厳格化 海外渡航者2人がコロナ感染

ワールド

中国、米の台湾への武器売却巡りロッキードに制裁へ

ビジネス

英GDP、5月は1.8%増にとどまる V字回復期待

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 2

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢研究所が保管

  • 3

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カナダ両国が「待った」

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 6

    GoToキャンペーン「感染防止に注意し活用を」菅官房長…

  • 7

    抗体なくてもT細胞が新型コロナウイルス退治? 免…

  • 8

    なぜテレワークは日本で普及しなかったのか?──経済、…

  • 9

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 10

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 10

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月