最新記事

日本政治

「桜を見る会」問題、ホテル前夜祭「値引き」疑惑の深層

A Cherry Blossom Storm

2019年12月13日(金)16時10分
北島 純(社会情報大学院大学特任教授)

magw191210_Japan2.jpg

ホテルニューオータニで開催された2つの催事が問題に NEWSWEEK JAPAN

問題は値引きだ。現時点では、値引きが実際にあったかどうか、という実態は明確になっていない。政治家の政治資金パーティーといっても、ホテル側は閣僚クラスでもそう簡単には値引きしない。だからこそ政治家の事務所側は、料理の質をなるべく落とし、用意する量も減らして、利益をなんとか確保する。今回参加者が払った5000円に「見合った」質と量の料理が提供されていただけなら、そして参加者がホテルに対して直接支払っていたのならば、寄付にも献金にも当たらず、政治資金収支報告書に記載がなくとも問題はない。

しかし、値引きが実際にあった場合、問題は別の次元で生じることになる。もちろん値引き自体は私企業の営業活動としてあり得るだろう。だがその値引きが他の取引との対価性を有し、そしてその相手方が政府であった場合はどうか。

「桜を見る会」の前日に行われたニューオータニでの前夜祭におけるホテル側の「利益供与」と、一見無関係の即位礼正殿の儀の翌日の10月23日に行われた首相夫妻主催晩餐会をホテルが「受注」したこととの関連性──つまり対価性が問題となる。

各国から要人が参列する晩餐会は最も格式が高い行事の1つであり、それを東京で催行できるホテルは、帝国ホテル、ホテルオークラ、パレスホテル、高輪プリンスホテル、そしてニューオータニといった大ホテルに限られる。そうしたホテルの中で今回、ニューオータニが晩餐会受注に成功した。当日の華麗な式典の様子をメディアで見た人も多いだろう。

この晩餐会をニューオータニが受注したことの背景に、「桜を見る会」前夜祭での利益供与があったと仮に位置付けるとしたら、少なくとも外形上は、典型的な贈収賄のスキームを疑ってみるべき事案になる──。こういう指摘が今、なされつつある。

安倍政権の「説明責任」

もちろん個別の事情を踏まえた適正な選定だったのかもしれない。例えばパレスは今回多くの王族が宿泊しており、オークラも建て替えたばかりだった。晩餐会対応がそもそも難しく、安全確保やコスト等を考慮して、ニューオータニが選ばれたという可能性も十分にあろう。

しかし、首相の側近中の側近として絶大な影響力を誇り、「史上最強の首相秘書官」の1人として評価の高い人物の親族がニューオータニの社外取締役であったという報道も出ている現在、もはやそうした一般論の説明では十分ではないだろう。

ニュース速報

ワールド

英国とEU、駐英EU大使の外交的地位巡り対立

ビジネス

アングル:環境関連の資産購入、「首相肝いり」で日銀

ビジネス

基礎的財政収支、低成長が継続なら10年後も赤字=内

ビジネス

雨宮副総裁、明日から公務復帰へ 近親者はコロナ「陰

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 6

    ホワイトハウスを去るトランプ側近の手には思い出の…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 9

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 10

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月