最新記事

日本社会

「生理ちゃんバッジ」に中国人が賛成だった理由

2019年12月9日(月)15時00分
唐辛子(在日中国人コラムニスト)

日本人からは拒否反応が多く出た「生理ちゃんバッジ」だが(「生理ちゃん」と大丸梅田店の特設サイトより)

<大炎上し、着用取りやめとなった大丸梅田店の取り組み。同じ東アジアでも中国人の見方はこうも違う>

「『生理ちゃんバッジ』、かなり話題になっていますね」
「そうですね。でも大騒ぎになったから回収しました」
「着けたことありますか」
「もちろん。生理ちゃんのキャラクター側を表に出したことはないですけど」

先日、大阪のデパート大丸梅田店5階にある「michi kake(ミチカケ)」へ買い物に行った。その時の若い女性店員との会話だ。

「月のみちかけのように、あなたのリズムに寄り添う」というコンセプトのmichi kakeは女性の悩みに応える商品を扱うショップが並ぶ新しいフロア。オープンを記念して、話題の漫画『生理ちゃん』とタイアップしてさまざまなイベントを行った。

女性スタッフの「生理ちゃんバッジ」もその一環で、普段は売り場のPRロゴが描かれた面を表にするが、生理中の場合は個人の選択で『生理ちゃん』の面を表に出す。言葉にしにくい生理痛や生理の大変さを周囲に知らせ、互いに助け合って働きやすい職場づくりを実現するため、10月中旬から始まったが、紹介記事がネットに流れると「セクハラ」「気持ち悪い」と大炎上した。

中国人にとっての「生理」

中国人の目にこの問題は日本の世論とは反対に映る。

私の中国人の友人はみな男女を問わず「生理ちゃんバッジ」企画に賛成した。理由は「強制ではなく、個人の自由選択で決めること」だから。中国社会に生理についてそれほど口に出しにくい空気はない。スーパーでガールフレンドのために生理用ナプキンを買う男性も時々見掛ける。

女子生徒のために「月経カード」を作る学校もある。生理痛のとき、カードに記入するだけで月3日間の休暇が取れる。また国の「女性従業員労働保護条例」の中に、「生理期間は高所作業や低温作業、過度な肉体労働などを禁止」と明記されている。生理痛がひどいときは、病院の証明書があれば有給休暇も取れる。証明書がなくても有給休暇が取れる地方もある。

中国では生理休暇のことを「例假」と言う。「例の休日」という意味だ。ただし今の中国は激しい競争社会なので、「例の休日」を利用する女性は極めて少ない。たくさん休みを取る社員はどの会社にとっても好ましくないからだ。

中国の女性優遇措置は毛沢東が広めた男女平等思想とはあまり関係がなく、伝統的な中医学(漢方医学)思想による。生理中の働き過ぎや、体を冷やすことは深刻な病気につながるという考えだ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 3

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    東京都、26日の新型コロナウイルス新規感染270人 連…

  • 10

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月