最新記事

ヘルス

シリコンバレーが行き着いた、刺激を断つ「ドーパミン・ファスティング」って何?

2019年12月5日(木)17時15分
松岡由希子

刺激の中毒をリセットする「ドーパミン・ファスティング」...... PeopleImages -iStock

<脳の刺激となるような行動を一時的に制限する「ドーパミン・ファスティング」が、最近、米国のシリコンバレーでブームとなっている......>

意欲や快楽などに関連する神経伝達物質「ドーパミン」を分泌させないように脳の刺激となるような行動を一時的に制限する「ドーパミン・ファスティング」が、最近、米国のシリコンバレーでブームとなっている。

ドーパミンの「断食療法」、刺激の中毒をリセットする

2019年8月に米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のキャメロン・セパ博士が「ドーパミン・ファスティング」の実践ガイドをSNS「リンクトイン」で投稿すると、シリコンバレーの起業家やエンジニアたちの間で瞬く間に広がり、米紙ニューヨークタイムズや英国放送協会(BBC)など、欧米のマスメディアもこぞって採り上げている。

ドーパミンは脳の報酬系において重要な物質だ。ドーパミンが分泌されることで脳は快楽を覚え、行動の動機付けが行われる。たとえば、「甘いお菓子が食べたい」という欲求によって「食べる」という行動をし、「甘いお菓子」という報酬を受け取ることで、報酬系が活性化して、ドーパミンが分泌される。食事や飲酒、買い物、セックス、ゲーム、ギャンブル、ドラッグなどのほか、頻繁にSNSをチェックすることも、ドーパミンの分泌をもたらす報酬刺激となりうる。

報酬刺激が過剰になると、ドーパミンに対する感受性が低くなり、同レベルの快楽を得ようと、より多くの報酬刺激を求める「中毒状態」を引き起こすおそれがある。

「ドーパミン・ファスティング」は、文字通りドーパミンの「断食療法」である。食事や飲酒、SNS、インターネットなどを一時的に制限することで、脳を「リセット」して、習癖となっている行動から自らを解放しようというものだ。

一切の交流、コミュニケーションを断つという極端な例も

セパ博士によれば、あらゆる報酬刺激を断つのではなく、日常生活で問題となるような報酬刺激のみを抑制し、対面での会話や人々との交流はむしろ推奨されているが、「ドーパミン・ファスティング」を熱心に実践するあまり、SNSやメールの利用を制限するだけでなく、周りの人と目も合わせないなど、一切の交流、コミュニケーションを断つという極端な例もある。

最近、サンフランシスコに移り住んだバイオエンジニアのジェイニー・ムニョスさんは、「『今、ドーパミン・ファスティング中で、ドーパミンが分泌しすぎてはいけないので、あまり長く話せないんだ』と言う地元の起業家と出会った」と、サンフランシスコ移住初日の出来事をツイッターに投稿し、反響を呼んだ。

「刺激を減らしても、ドーパミンの分泌量そのものは減らない......」

セパ博士は「『ドーパミン・ファスティング』は認知行動療法に基づく手法だ」と主張しているが、その効果について疑問視する声もある。

英レディング大学のクララ・マケイブ准教授は、オンラインメディア「カンバセーション」への寄稿記事において、「ドーパミンは私たちの心身の機能にとって必要なものであり、ドーパミンの分泌量を減らすことはお勧めしない」としたうえで、「実際、特定の報酬刺激を制限しても、ドーパミンへの刺激を減らすことにはつながるが、ドーパミンの分泌量そのものは減らない」と述べている。

また、マケイブ准教授によれば、「ドーパミン・ファスティング」によってドーパミンの閾値が下がる可能性はあるが、報酬刺激を断っても、報酬を求める欲求を脳が止めるようにはならず、脳が「リセット」されるわけではないという。

ニュース速報

ビジネス

NY州知事、トランプ大統領と27日会談へ インフラ

ワールド

抗マラリア薬のコロナ治療利用、WHOが6月中旬まで

ワールド

米大統領、中国に「怒り心頭」 香港への対応けん制=

ビジネス

ルフトハンザ、欧州委の早期承認に期待 公的支援巡り

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月