最新記事

宇宙

スペースデブリ除去、欧州宇宙機関が2025年に作業に着手

2019年12月16日(月)15時30分
松岡由希子

欧州宇宙機関の宇宙ゴミ除去の案  ESA-YouTube

<「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」の増加が深刻な課題となってきているが、欧州宇宙機関が宇宙ゴミを除去するミッションに着手することが明らかに......>

1957年に旧ソ連によって世界初の人工衛星「スプートニク1号」が打ち上げられて以来、これまでに約8950個の衛星が地球周回軌道に送り込まれ、特段のミッションを行うことなく軌道を周回する「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」の増加が深刻な課題となってきた。

欧州宇宙機関(ESA)によると、2019年1月時点で、その総重量は8400トンを超えている。

欧州宇宙機関が約140億円を投じ宇宙ゴミを回収除去

欧州宇宙機関は、2019年12月9日、1億1700万ユーロ(約141億1100万円)を投じ、宇宙ゴミを地球周回軌道から除去するミッションに着手することを明らかにした。

11月末にスペインのセビリアで開催された閣僚級会議「スペース19+」での承認のもと、スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究者チームが創設したスタートアップ企業「クリアスペース」と提携し、2025年のミッション実行に向けて、2020年3月にプロジェクトを始動させる。欧州宇宙機関のヤン・ヴァーナー長官は「これまでに失われたすべての船がまだ水上に漂っていたら、公海を航行することはどんなに危険なことだろうか。これが地球周回軌道の現状であり、この状況を継続させることはできない」と危機的な状況を訴えている。

「クリアスペース-1」と名付けられたこのミッションでは、概念実証のため、小型の宇宙ゴミの回収と除去を行う。ターゲットとなるのは、2013年に欧州宇宙機関によって打ち上げられ、高度660キロから800キロの軌道に残されたままとなっている人工衛星打ち上げロケット「ヴェガ(Vega)」の二次搭載物アダプター「VeSPA」だ。

世界初の宇宙ゴミ専用収集機が4本のロボットアームで「VeSPA」をとらえ、一体となって軌道から外れて大気圏に落下突入し、消滅させる。一連のミッションに先立ち、まずは宇宙ゴミ専用収集機を高度500キロの軌道に打ち上げ、テストを実施する計画だ。

日本のベンチャー企業も宇宙ゴミ除去に取り組む

宇宙ゴミの除去に取り組む試みとしては、東京に本社を置くスタートアップ企業「アストロスケール」も、2020年に宇宙ごみ除去衛星「エルサディー(ELSA-d)」をロシアのロケット「ソユーズ2」によってカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げる計画を明らかにしている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米経済、ワクチン実用化で21年後半に回復=ミネアポ

ワールド

米コロナ対策協議に勢い、週明け7日めど 超党派案た

ビジネス

EXCLUSIVE-中国当局、足元の元高容認 急激

ワールド

米コロナ死者、1日3000人突破も 当局者はマスク

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 2

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 3

    豪中炎上のフェイク画像を作成した過激アーティストが中国の「国民的英雄」に

  • 4

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 5

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 6

    「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

  • 7

    ナイキCMへ批判殺到の背景にある「崇高な日本人」史観

  • 8

    「中国は香港の一世代をまるごと抹殺することも厭わ…

  • 9

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1…

  • 10

    中国の研究者1000人超が米国を出国 技術盗用規制強…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタミン」の正体

  • 3

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた中国企業に怨嗟の声

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 6

    「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶…

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 5

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 6

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 7

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 8

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 9

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 10

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月