注目のキーワード

最新記事

宇宙

スペースデブリ除去、欧州宇宙機関が2025年に作業に着手

2019年12月16日(月)15時30分
松岡由希子

欧州宇宙機関の宇宙ゴミ除去の案  ESA-YouTube

<「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」の増加が深刻な課題となってきているが、欧州宇宙機関が宇宙ゴミを除去するミッションに着手することが明らかに......>

1957年に旧ソ連によって世界初の人工衛星「スプートニク1号」が打ち上げられて以来、これまでに約8950個の衛星が地球周回軌道に送り込まれ、特段のミッションを行うことなく軌道を周回する「宇宙ゴミ(スペースデブリ)」の増加が深刻な課題となってきた。

欧州宇宙機関(ESA)によると、2019年1月時点で、その総重量は8400トンを超えている。

欧州宇宙機関が約140億円を投じ宇宙ゴミを回収除去

欧州宇宙機関は、2019年12月9日、1億1700万ユーロ(約141億1100万円)を投じ、宇宙ゴミを地球周回軌道から除去するミッションに着手することを明らかにした。

11月末にスペインのセビリアで開催された閣僚級会議「スペース19+」での承認のもと、スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究者チームが創設したスタートアップ企業「クリアスペース」と提携し、2025年のミッション実行に向けて、2020年3月にプロジェクトを始動させる。欧州宇宙機関のヤン・ヴァーナー長官は「これまでに失われたすべての船がまだ水上に漂っていたら、公海を航行することはどんなに危険なことだろうか。これが地球周回軌道の現状であり、この状況を継続させることはできない」と危機的な状況を訴えている。

「クリアスペース-1」と名付けられたこのミッションでは、概念実証のため、小型の宇宙ゴミの回収と除去を行う。ターゲットとなるのは、2013年に欧州宇宙機関によって打ち上げられ、高度660キロから800キロの軌道に残されたままとなっている人工衛星打ち上げロケット「ヴェガ(Vega)」の二次搭載物アダプター「VeSPA」だ。

世界初の宇宙ゴミ専用収集機が4本のロボットアームで「VeSPA」をとらえ、一体となって軌道から外れて大気圏に落下突入し、消滅させる。一連のミッションに先立ち、まずは宇宙ゴミ専用収集機を高度500キロの軌道に打ち上げ、テストを実施する計画だ。

日本のベンチャー企業も宇宙ゴミ除去に取り組む

宇宙ゴミの除去に取り組む試みとしては、東京に本社を置くスタートアップ企業「アストロスケール」も、2020年に宇宙ごみ除去衛星「エルサディー(ELSA-d)」をロシアのロケット「ソユーズ2」によってカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げる計画を明らかにしている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

日経平均は大引け=反落、値がさ株が軟調 一時300

ビジネス

午後3時のドルは136円前半、24年ぶり高値圏で上

ビジネス

印リライアンス率いるアンバニ氏、息子を通信子会社の

ビジネス

今年の米新車販売予想、1440万台に下方修正 供給

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月