最新記事

動物

森の人、また受難 インドネシアで銃弾24発受けたオランウータン見つかる

2019年11月29日(金)16時40分
大塚智彦(PanAsiaNews)

銃弾を24発受けたところを発見されたオランウータンの「パグ」 Antana

<動物として人間に最も近い存在のなのに、なぜ彼らは苦しまなければいけないのか>

インドネシア・スマトラ島北部のアチェ州で負傷しているオランウータンが発見され、収容後のX線による検査で、体内に24発の銃弾が残っているのが確認された。このオランウータンは現在専門の施設で集中治療を受けているが、命は助かりそうだと獣医は話している。

オランウータンをめぐっては同じアチェ州で3月10日にエアライフルの銃弾74発を撃ちこまれた親子が発見・保護される事件も起きるなど、オランウータンの受難が続いている。

インドネシアのアンタラ通信が伝えたところによると11月28日、アチェ州南部トルモン地方にあるガンポン・テンゴ村付近をパトロールしていた地元自然保護局の担当者が負傷したオランウータンを発見した。

地元自然保護関係者などの協力で負傷したオランウータンは収容され、ただちに隣接する北スマトラ州バトゥ・メベリン・シボランギットにあるオランウータンの検疫・保護施設に運ばれた。

同施設の獣医ムーシカ氏が28日に明らかにしたところによると、オランウータンは25歳のオスで、X線検査の結果全身からエアライフルから発射されたとみられる銃弾24発が発見された。銃弾は頭部に16発、手足に4発、臀部に3発、腹部に1発残されていたという。

現在集中治療を行っているが、生命の危機はとりあえず脱したというものの予断を許さない状況には変わりなく、銃弾を摘出する手術をいつするかなど今後の治療計画などは決まっていないという。

負傷したオランウータンは「パグ」と名付けられた個体で、発見時に右目が赤くなり左目も濁るなど両目に障害が起きており、「両目ともほとんど見えない状態」というが、散弾銃を受けた負傷との関連は明らかになっていない。

ニュース速報

ビジネス

世界の旅行業界、最大4600万人の雇用喪失も=業界

ワールド

米国と台湾が共同インフラ計画、中国の一帯一路に対抗

ビジネス

米大統領選泥沼化に投資家も懸念、討論会受け政権移行

ビジネス

英製造の一部自動車にEU関税の恐れ、日産に影響も=

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 3

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所」、えん罪で死者も

  • 4

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 7

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 8

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月