最新記事

フィリピン

世界で唯一戒厳令のある島フィリピン・ミンダナオ島 延長か終了か再び焦点に

2019年9月24日(火)17時38分
大塚智彦(PanAsiaNews)

2017年、ISに忠誠を誓う組織とフィリピン軍の戦いで荒れたマラウィ市 Romeo Ranoco-REUTERS

<かつてマルコス政権の独裁にもつながった戒厳令。イスラム過激派を掃討するため2年前から続く措置を継続するかどうか、さまざまな意見が飛び交っている>

東南アジアで唯一、というか現時点ではおそらく世界でフィリピンだけではないだろうか、戒厳令が布告されているのは。そのフィリピンで2017年5月25日以来続く南部ミンダナオ島全域に出されている戒厳令について、今年末の期限切れを前にさらに延長するべきか、終了するべきかの議論が高まっている。

9月21日はフィリピン国民にとって忘れることのできない歴史的な日である。1972年9月21日、時のマルコス大統領が反政府運動の高まりや共産党系の新人民軍によるテロなどで国内の政情が不安定化していることを理由にフィリピン全土に戒厳令を発布した。

この日の戒厳令発布により憲法は停止され、マルコス政権に反対する学生や活動家に対する治安当局の超法規的弾圧が強化された結果、マルコス大統領による独裁政治が「確立」していくことになる。

その悪夢の「マルコス戒厳令」にちなむ9月21日、フィリピンではマルコス時代に弾圧を受けた活動家や行方不明となった家族らによる集会が開かれ、「暗黒時代を忘れるな」「悪夢を繰り返すな」と訴えた。

レニ・ロブレド副大統領は21日声明を発表し「マルコス時代の暗黒の日々を忘れてはならない。マルコス時代を知らない若い世代は戒厳令が単に政治的なものでなく、国民生活の隅々まで大きな影響を与えるものであることを学び、そうした悪夢の復活を許してはならない」と国民に呼びかけた。

ドゥテルテ大統領批判を続けているデ・リマ上院議員は「ドゥテルテ大統領による独裁に国民は抵抗しなくてはならない」として戒厳令に反対の立場を示した。

戒厳令延長に賛否両論

地元紙「フィリピン・スター」によると、ドゥテルテ大統領は7月に年末に期限切れを迎えるミンダナオ島の戒厳令について「地元が延長を望むのであればさらなる延長もありうる」との立場を表明したという。

その地元ミンダナオでは「戒厳令で治安情勢は安定している」として延長を望む声が多いとされている。さらに国家安全保障アドバイザーのヘルモン・エスペロン氏も同紙に対して「テロとの戦いのためにも戒厳令延長は必要だと大統領に進言する」との立場を表明している。

このように2019年末の期限切れに向けて4度目となる戒厳令延長に向けた世論が徐々に形成されるなか、異論もでている。

シンクタンクの「アテネオ政策センター」のマイケル・ヘンリー・ユシンコ研究員は「戒厳令は果たしてテロの阻止に有効なのかの検証が必要。テロ阻止は治安当局だけでなく政府全体の取り組みが必要である」として安易な戒厳令延長に消極的な姿勢を同紙に対して示した。

ニュース速報

ワールド

英政府、来年11月の気候変動会議開催を提案 今年は

ワールド

米、対イラン制裁の猶予措置を一部解除へ

ビジネス

豪経済、当初の想定ほど深刻な落ち込みにならず=中銀

ビジネス

中国人民銀、期間7日のリバースレポで2400億元供

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月