最新記事

銃社会

銃乱射を同性愛のせいにするアメリカの懲りない白人至上主義者

Calls Grow for GOP Rep to Quit for Blaming Dayton Shooting on Gay Marriage

2019年8月7日(水)18時40分
ブレンダン・コール

ホワイトハウス前でレインボーカラーのサインを掲げて白人至上主義に抗議する男性(8月6日) Kevin Lamarque-REUTERS

<銃乱射は「伝統的な家族の崩壊のせい」即ち「同性愛やトランスジェンダーのせい」と言った議員に同じ共和党からも辞任を求める声が>

オハイオ州のキャンディス・ケラー下院議員(共和党)に対して、辞任を求める声が高まっている。同州デイトンで8月4日未明に起きた銃乱射事件に関して、「同性婚」や「娯楽用大麻」を認めたせいだ、とフェイスブックに投稿したのだ。

この銃乱射事件では、9人の死者が出た。デイトンから50キロほど南西にあるバトラー郡選出の州下院議員であるケラーは、この事件が起きた原因として、「正当な手続きを経て選ばれた大統領を受け入れられない愚かな左翼の連中」や「神の大切さを全く認めない」文化など、さまざまな要素を挙げた。

ケラーはシンシナティ・エンクワイアラー紙の取材に対し、自分の投稿だと認めた。今は削除されたこの投稿の中で、ケラーは「伝統的なアメリカ的家庭の崩壊」を嘆き、それを「トランスジェンダー、同性婚、ドラァグクイーン」のせいにした。

ケラー議員(写真)の辞任を求めるツイート


デイトンでの銃乱射事件の前日には、テキサス州エルパソのウォルマートの店舗でも銃乱射事件が起き、少なくとも22名が死亡した。

ケラーの投稿は怒りを呼び、同議員と同じ共和党所属の議員からも非難の声が上がっている。その1人、オハイオ州ハミルトンの副市長を務めるマイケル・ライアンはツイッターで、同議員の投稿を「ばかげている」と批判した。

「フェイスブックにこんな投稿を書いている時間があれば、銃乱射を防ぐための法案を起草するのに使った方がよほど有意義だ」とライアンは書く。「自分以外の誰かを名指しして責めても、何もいいことはない。さらなる分断を作り出すだけだ」

中絶をナチスの所業に例えたことも

バトラー郡のリチャード・ジョーンズ保安官やオハイオ州共和党のジェーン・ティムケン委員長も、ケラーに議員辞職を求めている。ティムケンはケラーの投稿を「あまりにショッキング。とても正当化できない」と非難した。

デイトン市長のナン・ウェイリーも、ケラーは「辞職すべき」とツイートした。「どこの出身でも、同性愛でも、どんな出で立ちでも、デイトンは歓迎する」

民主党のウェイリーは公然とトランプも批判し、この憎悪と分断は「彼の撒いた種だから、彼が刈り取るべきだ」とも語った。

歌手のリッキー・ダビラは30万人近いフォロワーたちに向け、ツイッターでこう呼びかけた。「これこそが白人至上主義者たちをあおり、僕たち黒人を死に追いやるヘイトスピーチだ」

ケラーはかつて人工妊娠中絶手術などを行う全米家族計画連盟(PPFA)をナチスに例えるなど、これまでにも問題発言があった。2020年の選挙では州上院議員に立候補する予定だと、シンシナティ・エンクワイアラーは伝えている。

ニュース速報

ワールド

金正恩氏、ASEAN首脳会議出席見送り 南北関係緊

ワールド

香港の安定を脅かすことは決して容認しない=中国外相

ワールド

ドイツの対米輸出、第3四半期は前年比+7.6% 貿

ワールド

中国、米との「第1段階」通商合意に向け懸命に取り組

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚くような経歴詐称疑惑で辞任

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    韓国、米国に一段のコメ市場開放で合意 119億円相当…

  • 6

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 7

    世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

  • 8

    トランプ、韓国が駐留経費増額に応じなければ在韓米…

  • 9

    香港高裁と北京政府が激突

  • 10

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 7

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 10

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 6

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 7

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 8

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 9

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 10

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月