最新記事

北朝鮮

ロシアで歓迎される北朝鮮からの出稼ぎ労働者

2019年8月1日(木)17時10分
テジョン・カン

金正恩党委員長とプーチン大統領は初の首脳会談を実現させた(4月25日、ウラジオストク) SERGEI ILNITSKYーPOOLーREUTERS

<長引く制裁と中国との関係の微妙な変化で、北朝鮮は新たな後ろ盾と外貨獲得先をロシアに求める>

3月下旬に国連に提出された中間報告書によると、ロシア国内で働く北朝鮮労働者は17年の3万23人から18年は1万1490人に減った。両国の関係強化が懸念されるなか、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議に従って北朝鮮労働者の半数以上を送還したと、ロシアは説明している。

もっとも、実情は異なるようだ。北朝鮮情勢を伝える韓国のニュースサイト、デイリーNKによると、ロシアには今も北朝鮮から労働者が流入している。彼らは正規の労働ビザではなく、研修生や学生用のビザで入国しているとみられる。

北朝鮮からの出稼ぎ労働者の多くは、極東のハバロフスクやウスリースクに送られている。人数を正確に把握することは難しいが、かなりの人が建設現場や工場、伐採地で働いているようだ。

「正規の労働者ビザを取得してロシアで働く(北朝鮮労働者の)人数は減っているかもしれないが、学生ビザなど異なる資格で入国している可能性はかなり高い」と、デイリーNKは指摘している。ロシアの労働条件は劣悪なことで知られているが、それでも多くの北朝鮮労働者が好んで出稼ぎに行く。自国で働くよりはるかに多く稼げるからだ。

北朝鮮労働者の中でもスキルが高く、ロシアで3年以上働いている人の一部は、北朝鮮当局に1000~1300ドルを支払って「忠誠を示す」ことを条件に、いわばフリーランスとして働くことが認められている。ロシアで月2000~3000ドルを稼ぐ者もいる。ロシア企業の側も、安価でスキルが高く、手先が器用な北朝鮮労働者を歓迎している。

ロシアから北朝鮮に向かう貨物列車の本数も増加している。4月にウラジオストクで初の首脳会談が行われた後、その数は目に見えて増えているようだと、観測筋は言う。

人民元不足のリスクも

国連安保理の制裁によって、北朝鮮経済は深刻な状況に陥っている。北朝鮮当局が外貨を稼ぐために、あらゆる方策を取るのは当然だろう。

しかし、なぜロシアなのか。ソウルを拠点とするシンクタンク、国家安保戦略研究所のイム・スホ研究員によると、北朝鮮の国外から入る米ドルや中国人民元などの外貨は、制裁によって減少している。その結果、国内で外貨の代わりに北朝鮮ウォンを使う人が増えている。

デノミを断行した09年の通貨改革が失敗した後、北朝鮮ウォンは暴落した。しかし、外貨不足のおかげで、市場で使えるレートまで持ち直している。

ニュース速報

ビジネス

米経済、FRB支援策を解除する段階でない=クリーブ

ビジネス

気候変動は「重大なリスク」もたらす=サンフランシス

ビジネス

米中古住宅販売、5月は4カ月連続で減少 価格なお高

ビジネス

物価のパラダイムシフト想定せず=レーンECB理事

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月