最新記事

G7

イラン外相がG7開催地訪問 仏マクロンらと会談するも米トランプとの緊張緩和ならず

2019年8月26日(月)09時45分

イランのザリフ外相(写真)は、主要7カ国(G7)首脳会議の議長国フランスの当局者らと会談するため当地を訪問した。22日にオスロで撮影(2019年 ロイター/NTB SCANPIX)

イランのザリフ外相は25日、主要7カ国(G7)首脳会議の議長国フランスの当局者らと会談するため当地を訪問した。イランと米国の緊張緩和に向けた取り組みの一環として、マクロン仏大統領が招待した。

ザリフ外相は、ツイッターへの投稿で「前途は多難だが、やってみる価値はある」と述べ、マクロン大統領をはじめ仏当局者らのほか、ドイツや英国の高官らとも会談したことを明らかにした。

フランスの当局者は「大統領とザリフ外相の会談は前向きだった。今後も協議を続けていく」と語ったが、詳細に関する質問は受け付けなかった。

米国は昨年に2015年のイラン核合意から離脱して以降、イランが弾道ミサイルプログラムなどを含む新たな交渉に応じるよう、最大限の圧力をかけている。

欧州諸国もイランとの新たな協議を望んでいるものの、核合意を維持すべきとの立場だ。核合意維持に向けた欧州の取り組みを主導するマクロン大統領は23日、パリでザリフ氏とすでに会談している。

両氏は米制裁の一部緩和や、米制裁によって失われた石油収入を補填(ほてん)する経済補償メカニズムの提供など、米国とイランの緊張緩和に向けた案を協議した。

マクロン大統領は24日、トランプ米大統領と昼食会で2時間会談。夜のG7首脳会談でもイラン問題が詳細に議論されたが、マクロン氏が米国に求めた原油セクターの制裁緩和で、トランプ大統領から譲歩は得られなかったようだ。

欧州の外交筋は、首脳らはトランプ氏を説得できなかったと指摘した。

トランプ氏は25日、緊張緩和に向けたフランスの取り組みを一蹴し、米国は独自の計画を実行すると述べた。

米ホワイトハウス当局者によると、ザリフ氏の訪問はトランプ氏にとってサプライズとなった。ザリフ氏と会談した米当局者はいなかったという。

ザリフ氏の訪問は直前まで明らかにされていなかった。

イランの高官は、ロイターに対し「ザリフ氏は、2015年のイラン核合意の存続に向けたマクロン大統領の提案へのイラン指導部の回答を伝える」と述べた。

現時点で、提案されているイランとの人道物資などの取引ルートはまだ稼動しておらず、米国が制裁緩和の兆しをまったくみせない中、マクロン氏がどういった補償メカニズムをイランに提案したいのかは明らかではない。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

香港の抗議デモ続く、外出禁止令発令との憶測も

ビジネス

ドイツ第3四半期GDP速報値、前期比+0.1% 景

ワールド

米中、第1段階の合意巡り踏み込んだ協議している=中

ワールド

欧州委員会、発足さらにずれ込みか 英国が委員の指名

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 2

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 3

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

  • 8

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 9

    債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

  • 10

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 1

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 2

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

  • 5

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 6

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 7

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 8

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月