最新記事

G7

イラン外相がG7開催地訪問 仏マクロンらと会談するも米トランプとの緊張緩和ならず

2019年8月26日(月)09時45分

イランのザリフ外相(写真)は、主要7カ国(G7)首脳会議の議長国フランスの当局者らと会談するため当地を訪問した。22日にオスロで撮影(2019年 ロイター/NTB SCANPIX)

イランのザリフ外相は25日、主要7カ国(G7)首脳会議の議長国フランスの当局者らと会談するため当地を訪問した。イランと米国の緊張緩和に向けた取り組みの一環として、マクロン仏大統領が招待した。

ザリフ外相は、ツイッターへの投稿で「前途は多難だが、やってみる価値はある」と述べ、マクロン大統領をはじめ仏当局者らのほか、ドイツや英国の高官らとも会談したことを明らかにした。

フランスの当局者は「大統領とザリフ外相の会談は前向きだった。今後も協議を続けていく」と語ったが、詳細に関する質問は受け付けなかった。

米国は昨年に2015年のイラン核合意から離脱して以降、イランが弾道ミサイルプログラムなどを含む新たな交渉に応じるよう、最大限の圧力をかけている。

欧州諸国もイランとの新たな協議を望んでいるものの、核合意を維持すべきとの立場だ。核合意維持に向けた欧州の取り組みを主導するマクロン大統領は23日、パリでザリフ氏とすでに会談している。

両氏は米制裁の一部緩和や、米制裁によって失われた石油収入を補填(ほてん)する経済補償メカニズムの提供など、米国とイランの緊張緩和に向けた案を協議した。

マクロン大統領は24日、トランプ米大統領と昼食会で2時間会談。夜のG7首脳会談でもイラン問題が詳細に議論されたが、マクロン氏が米国に求めた原油セクターの制裁緩和で、トランプ大統領から譲歩は得られなかったようだ。

欧州の外交筋は、首脳らはトランプ氏を説得できなかったと指摘した。

トランプ氏は25日、緊張緩和に向けたフランスの取り組みを一蹴し、米国は独自の計画を実行すると述べた。

米ホワイトハウス当局者によると、ザリフ氏の訪問はトランプ氏にとってサプライズとなった。ザリフ氏と会談した米当局者はいなかったという。

ザリフ氏の訪問は直前まで明らかにされていなかった。

イランの高官は、ロイターに対し「ザリフ氏は、2015年のイラン核合意の存続に向けたマクロン大統領の提案へのイラン指導部の回答を伝える」と述べた。

現時点で、提案されているイランとの人道物資などの取引ルートはまだ稼動しておらず、米国が制裁緩和の兆しをまったくみせない中、マクロン氏がどういった補償メカニズムをイランに提案したいのかは明らかではない。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 9

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 5

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 6

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 7

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 8

    香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

  • 9

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 10

    差別から逃れるように暮らしていた? 戦前の日系人…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月