最新記事

中東

イラン革命防衛隊、先月イラクのタンカーも拿捕 燃料密輸で乗組員7人拘束

2019年8月5日(月)10時49分

 8月4日、イラン国営メディアは、イラン革命防衛隊が先月31日に、ペルシャ湾で燃料を密輸しようとしたとしてイラクの石油タンカーを拿捕(だほ)し、乗組員7人を拘束したと伝えた。写真は英国船籍の船の近くを航行するイラン革命防衛隊のボート。イランのバンダー・アバス港で7月撮影。提供写真(2019年 ロイター/REUTERS)

イラン国営メディアは4日、イラン革命防衛隊が先月31日に、ペルシャ湾で燃料を密輸しようとしたとしてイラクの石油タンカーを拿捕(だほ)し、乗組員7人を拘束したと伝えた。

ファルス通信によると、タンカーはホルムズ海峡の北に位置するファルシ島付近で拿捕された。革命防衛隊は同島に海軍基地を擁している。

革命防衛隊のラメザン・ジラヒ司令官は、国営テレビに対し「アラブ諸国のために燃料を密輸していた外国の石油タンカーをイラン革命防衛隊の海軍がペルシャ湾で拿捕した」と語った。

国営イラン通信(IRNA)は、革命防衛隊の話として、31日夜にペルシャ湾で拿捕されたのはイラクの船舶だと伝えた。

ジラヒ司令官は、タンカーが70万リットルの燃料を運んでいたと述べた。拘束した乗組員の国籍は明かさなかった。

またファルス通信によると、ジラヒ司令官は「タンカーを拿捕した際、海軍の船舶は交通整理のためパトロールをしていて違法な取引を発見した」と述べ、拿捕はイランの司法当局との協力で行われたと付け加えた。

「タンカーはブシェール港に移送され、燃料は当局に引き渡された」という。

米海軍のバーレーンを拠点とする第5艦隊の報道官は、メディアの報道を確認する情報はないとしている。

イラン国営の英語放送テレビ局プレスTVは「革命防衛隊が船舶を停止させ、拿捕する様子」だとする映像を放送。「船舶はイランの領海で拿捕され、ディーゼル燃料を輸送していた」と伝えた。

イランは先月、原油密輸の疑いでパナマ船籍の石油タンカーを拿捕したほか、国際的な航行規則に従わなかったとして英国のタンカーも拿捕している。

[ドバイ 4日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月