最新記事

ヨーロッパ

ドイツの次期首相は、緑の党ハベックで決まり?

2019年7月20日(土)11時00分
ミヒャエル・ブレニング

ドイツ緑の党のハベック共同党首は人気政治家の仲間入りを果たした HANNIBAL HANSCHKEーREUTERS

<過激な環境政策を封印して中道派に転じた緑の党が世論調査でトップを走る>

ドイツの政党支持率の趨勢がこのまま続けば、21年秋の総選挙後の首相には緑の党の共同党首ロベルト・ハベックが就任するかもしれない。最近の世論調査で緑の党は政党支持率のトップを走っており、ハベックはすっかり人気政治家の仲間入りを果たしている。

緑の党が急速に支持を集めている理由はいくつもある。まず有権者が、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)の大連立に不満を募らせていることだ。

昨年12月にメルケル首相の後継としてCDU党首に就任したアンネグレート・クランプカレンバウアーは、保守派としての実績を必死にアピールしている。しかし最近の世論調査で、彼女を首相候補として適任とする有権者は13%にとどまった。

SPDをめぐる状況はさらによろしくない。5月の欧州議会選挙で惨敗し、現在は3人の暫定党首が率いている。大連立は近いうちに崩壊するだろうと、大半の有権者はみている。

そんな状況を追い風にしているのが、緑の党と、極右「ドイツのための選択肢(AfD)」。緑の党は80年に平和主義的な環境運動として結党したが、今は都市部のリベラルな中流層の支持を集める党に衣替えした。

党の新たな体制を築いたのは、共同党首のハベックとアンナレーナ・ベーアボック。昨年初めに党を率いるようになってから、2人は「過激な規制を訴える党」という従来のイメージを刷新した。例えば全企業の社員食堂にベジタリアンフードを導入するとか、燃料価格を3倍にするといった、いかにも緑の党らしい公約はおおむね撤回した。

連立を組む相手が問題

緑の党が中道派に転じる一方、同党が掲げていた脱原発や同性婚の合法化は今や政府が掲げる政策となった。さらには猛烈な熱波や、温暖化の脅威を訴える世界的な抗議運動の影響で、ドイツの有権者の大半は温暖化を重要な政治課題と見なしている。

加えて、ハベック本人も人気だ。10年ほど前に政界入りし、率直な物言いと持ち前のカリスマ性で「政治家らしくない政治家」というイメージを持たれている。哲学の博士号を持ち、小説や児童書を執筆し、詩集の翻訳も手掛ける。ドイツでは微妙なテーマである愛国主義を独自の形で唱えることで伝統的な左派とは一線を画しており、中道派の有権者からもさらに支持を集めそうだ。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月