最新記事

香港

香港デモ、体制に対する暴力の行き着く先

What Happens Now After 50 Injured In Hong Kong Protests?

2019年7月3日(水)19時03分
ジェイソン・レモン

政府の建物に侵入したテモ隊の一部は、ガラスを割り、落書きをした。その様子はソーシャルメディアで拡散された。夜遅く、警察は占拠された立法会の建物を囲み、デモ隊を排除した。だが抗議行動は建物の外や市全体で続いた。

香港政府と警察は暴力に訴えた抗議者たちを厳しく批判したが、反政府派の議員とデモを率いた人々はそれに反発、林鄭の政権が「若者たちを絶望に向かわせた」と非難した。

「これほど頭にくることはない。われわれの要求を林鄭は拒絶した。これで、『耳を傾けるつもりがある』と言う彼女の言葉は最悪の政治的な嘘だということがはっきりした」という反対派の言い分をサウスチャイナ・モーニングポストは掲載した。「6月9日以来彼女の返答は彼女の傲慢さを浮き彫りにし、火に油を注いだ。それが今の危機につながった。悪いのは林鄭だ」

しかし、地政学的な未来予測をするゲオポリティカル・フューチャーズの分析部門を率いるジェイコブ・シャピロは改正案の審議無期限延期で、反対派は前に進むのが難しくなったと本誌に語った。

「今回のような破壊活動は、数千人規模とはいっても、全体に比べるとはるかに小さなグループの仕業だ。自分たちの過激な意見を通すためにある程度の暴力は容認しているグループだ」と、彼は言う。「一般の香港住民で同調する人はそれほどいないと思うが、どうなるかはまだわからない」

過剰な反応は危険

彼はまた、破壊行為に走った抗議者たちは「みずからの大義を非合法なものにしてしまった」と主張する。

抗議者たちはまた、問題の改正案の完全撤回か、少なくとも廃案を求めた。だが香港で行われた2日早朝の記者会見で、林鄭は将来にわたって廃案にするというところまで言明しなかった。

「香港政府の今の目標は事態をコントロールし続けることのはず。だから混乱が起きても過剰に反応して抗議者たちを刺激したりしないことだ」と、シャピロは言う。彼は、デモ隊を力で弾圧することを中国が支持するとは思わないという。

「政府の取り締まりが厳しくなりすぎると、ほんの数千人の若者の怒りだけではなく、住民が一斉に立ち上がるかもしれない」

(翻訳:栗原紀子)

ニュース速報

ワールド

FB、中国新華社などに「国営メディア」と表示 広告

ワールド

アストラゼネカ、コロナワクチン候補20億回分生産へ

ワールド

スペイン、仏・ポルトガル国境再開案を後退 「なお検

ビジネス

ECB、コロナ向け資産買取枠を拡充 ジャンク債購入

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で2桁台

  • 3

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

  • 4

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    ドイツで知名度をあげたウイルス学者は、コロナ予防…

  • 9

    横領、虐待...「ナヌムの家」慰安婦被害者の施設で起…

  • 10

    RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月