最新記事

仮想通貨

決済の本丸を目指すフェイスブックの仮想通貨「リブラ」

What Is Calibra? Facebook Reveals New Cryptocurrency

2019年6月19日(水)19時20分
ジェイソン・マードック

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」はビットコインとどう違う? grejak-iStock

<ビットコインのような投機対象とは違う、法定通貨のような安定性と信用を持つ通貨を目指す。成功すれば、銀行を凌駕するかもしれない>

フェイスブックは6月18日、「リブラ」という新たな仮想通貨を立ち上げる計画を発表した。

この計画については過去数カ月、噂が飛び交っていた。フェイスブックのメディアチームは18日付けのブログで、リブラはフェイスブックのメッセンジャーやワッツアップでも利用できるし、独立型アプリをダウンロードして使うこともできると説明。2020年にサービス開始を予定していることを明らかにした。

フェイスブックはすでに金融サービスの提供を専門とする子会社「カリブラ」を立ち上げている。データ接続が可能なエントリーレベル以上のスマートフォンさえあれば、誰でもすぐに暗号化された決済サービスにアクセスできるようになるという。

「カリブラが提供するデジタルウォレットを使えば、スマートフォンを持っている相手なら誰にでも、テキストメッセージを送るのと同じくらい瞬時にリブラを送ることができる。「(ブロックチェーン技術を使っているので)料金はほとんどかからないか、無料だ」

しかも、「ボタンひとつで代金を支払ったり、コードをスキャンするだけでコーヒーを買う、現金やパスカードなしで公共交通機関を利用するといったサービスを個人や企業向けに提供する予定」もある。

普通の通貨並みの安定性

このシステムのネットワークを構築・管理するのは、スイスに本拠を置く非営利団体リブラ協会だ。すでにビザやマスターカード、ペイパルなど主流の決済機関、配車サービスのウーバー、音楽配信サービスのスポティファイなど大手企業がこのネットワークのメンバーになっている。運営はフェイスブックとは別の、独立した構造だ。

カリブラのプラットフォームを使いたい場合は、リブラ協会に参加している決済プロバイダを介して自分の口座に米ドルを入金する。これで、ビットコインにはない通貨の裏付けがリブラにはできる。そして次に暗号化されたリブラのネットワークを使い、フェイスブックでおなじみのチャットアプリ経由で連絡先に転送することができる。

「リブラを50ドル分購入すると、リブラリザーブに貯金される」と、カリブラ・プロジェクトを率いるデービッド・マーカスはアメリカのニュース専門放送局CNBCで説明した。「リブラには、どのデジタル通貨よりも従来の通貨に近い安定性と価値が備わるよう設計されている。紙幣も同じようにしてできたのだ」

サービス開始前に100の企業・団体をネットワークに参加させることをめざしている、とマーカスは語った。

ニュース速報

ワールド

WHO、今週末に中国に専門家団派遣 新型コロナの起

ワールド

米、フロリダ・テキサス州などで無料のコロナ検査実施

ワールド

米フロリダ州、50以上の病院でICUが満床 コロナ

ワールド

中国、洪水警戒レベル引き上げ 連日の大雨で被害拡大

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月