最新記事

仮想通貨

決済の本丸を目指すフェイスブックの仮想通貨「リブラ」

What Is Calibra? Facebook Reveals New Cryptocurrency

2019年6月19日(水)19時20分
ジェイソン・マードック

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」はビットコインとどう違う? grejak-iStock

<ビットコインのような投機対象とは違う、法定通貨のような安定性と信用を持つ通貨を目指す。成功すれば、銀行を凌駕するかもしれない>

フェイスブックは6月18日、「リブラ」という新たな仮想通貨を立ち上げる計画を発表した。

この計画については過去数カ月、噂が飛び交っていた。フェイスブックのメディアチームは18日付けのブログで、リブラはフェイスブックのメッセンジャーやワッツアップでも利用できるし、独立型アプリをダウンロードして使うこともできると説明。2020年にサービス開始を予定していることを明らかにした。

フェイスブックはすでに金融サービスの提供を専門とする子会社「カリブラ」を立ち上げている。データ接続が可能なエントリーレベル以上のスマートフォンさえあれば、誰でもすぐに暗号化された決済サービスにアクセスできるようになるという。

「カリブラが提供するデジタルウォレットを使えば、スマートフォンを持っている相手なら誰にでも、テキストメッセージを送るのと同じくらい瞬時にリブラを送ることができる。「(ブロックチェーン技術を使っているので)料金はほとんどかからないか、無料だ」

しかも、「ボタンひとつで代金を支払ったり、コードをスキャンするだけでコーヒーを買う、現金やパスカードなしで公共交通機関を利用するといったサービスを個人や企業向けに提供する予定」もある。

普通の通貨並みの安定性

このシステムのネットワークを構築・管理するのは、スイスに本拠を置く非営利団体リブラ協会だ。すでにビザやマスターカード、ペイパルなど主流の決済機関、配車サービスのウーバー、音楽配信サービスのスポティファイなど大手企業がこのネットワークのメンバーになっている。運営はフェイスブックとは別の、独立した構造だ。

カリブラのプラットフォームを使いたい場合は、リブラ協会に参加している決済プロバイダを介して自分の口座に米ドルを入金する。これで、ビットコインにはない通貨の裏付けがリブラにはできる。そして次に暗号化されたリブラのネットワークを使い、フェイスブックでおなじみのチャットアプリ経由で連絡先に転送することができる。

「リブラを50ドル分購入すると、リブラリザーブに貯金される」と、カリブラ・プロジェクトを率いるデービッド・マーカスはアメリカのニュース専門放送局CNBCで説明した。「リブラには、どのデジタル通貨よりも従来の通貨に近い安定性と価値が備わるよう設計されている。紙幣も同じようにしてできたのだ」

サービス開始前に100の企業・団体をネットワークに参加させることをめざしている、とマーカスは語った。

ニュース速報

ビジネス

ECB専務理事候補シュナーベル氏、緩和策批判はユー

ワールド

ロシア、OPECと目標共有 協調減産に協力=プーチ

ワールド

北朝鮮「米は敵対政策撤回を」、継続なら非核化協議再

ワールド

政敵捜査の「見返り」に首脳会談、トランプ氏「指示」

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 5

    表紙も偽物だった......韓国系アメリカ人高官が驚く…

  • 6

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 7

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 8

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 9

    ソルリの死を無駄にはしない 韓国に拡がる悪質コメ…

  • 10

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 3

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 7

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判…

  • 8

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月