最新記事

金融

「魔の時間」襲うフラッシュクラッシュは為替市場の新常態になるか

2019年6月7日(金)12時31分

緊急停止ボタン

為替取引の大半は人間の代わりにアルゴリズムとして知られるコンピューターシステムによって行われており、銀行のコスト削減と取引執行のスピードアップに貢献している。

スムーズな取引を行うために、アルゴリズムは取引数量を小分けにし、流動性が高いプラットフォームを探す。

しかし、市場の状況変化によって問題も起きる。たとえば取引量が突然激減したり、英国がブレグジットの延期を検討した際のように通貨の乱高下が起きたりした場合、アルゴリズムは取引を停止するようにプログラムされていることが多い。

匿名で取材に応じた中央銀行関係者2人は、そのような「緊急停止ボタン」が急激に流動性を下げると語った。

あるデータによると世界に70以上の取引所が散在する中、常に変動する外国為替相場はアルゴリズムに依存しているため、システムによる取引停止が広がると取引量は急速に低下し、相場の変動幅がより大きくなる。

今年最初のフラッシュクラッシュは1月3日発生。東京市場が終わった後で、円がドルに対して急騰した。たった7分間で、対豪ドルで8%高、対トルコリラでは10%高となった。

2度目のフラッシュクラッシュは2月11日に起きた。スイスフランが乱高下し、ほんのわずかの間、ユーロとドルに対して不可解な急騰を見せた。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のレポートによると、ウィッチングアワーに複数のフラッシュクラッシュが起きている。また、2016年10月7日のアジア市場の序盤で英ポンドが数分間で1.26ドルから1.14ドルへ9%暴落したのも、取引が薄いこの時間帯だった。

RBAによるフラッシュクラッシュの分析では、アルゴリズム取引戦略が「増幅器」となって発生したと結論付けている。

人間のトレーダーであれば、そのような嵐の中でチャンスを見出し、暴落した通貨に買い注文を入れるということができる。これは相場が落ち着く要因にもなる。しかし、今やそれができるトレーダーの数が少なすぎる。

2004年、すべての為替取引は人間の手で行われていた。現在、電子取引プラットフォーム、EBS上で行われる全取引のうち最大7割はアルゴリズムによって行われている。

銀行は常に予算削減の圧力にさらされており、さらに金融危機後の規制により為替取引コストは過去にないほど高くなる中で、さらに余分な員を雇ったり、既存スタッフを深夜シフトに回す兆候は見られない。

それどころか、休日など取引が薄くなることが予測できる時間帯には、取引を控えるところも一部出てきている。

一方、システム取引は今後さらに市場を支配するとみられる。

プラグマは、特に新興市場でノンデリバラブル・フォワード(NDF)取引を行うためのアルゴリズム運用を始めた、と同社のカーティス・ファイファー最高業務責任者は言う。こうした流動性の低い新興市場通貨のエクスポージャーをヘッジするためのデリバティブ取引は、これまで、電話を利用するボイス・トレーダーが中心だった。

「スポット取引が一般化し、収益が縮小した現在、銀行における為替取引は厳しいビジネスだ」とスマート・カレンシー・ビジネスのシニアコンサルタント、ジョン・マーレ―氏は語る。「さらに、以前より資金が必要なうえにリスク選好度も低いことから、銀行は自己勘定売買を行うデスクもなくしている」

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

コロナショック、経済構造変化の可能性無視できず=日

ワールド

欧州司法裁、米国へのデータ移転の枠組みに無効判断

ワールド

中国、ウイグル族弾圧否定 確認のため米国務長官に訪

ワールド

中国、英のファーウェイ排除に対抗措置の用意=商務省

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?

  • 3

    東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 6

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 7

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 8

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 9

    中国に不可欠な香港ドル固定相場制度、米国と対立で…

  • 10

    香港「一国二制度」の約束をさっさと反故にした、中…

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月