最新記事

英政治

次期イギリス首相を狙う11人の下馬評は

Who Will Replace Theresa May?

2019年6月15日(土)13時40分
ジョシュア・キーティング

ジョンソンは人気はあるが、権力目当ての日和見主義者ともいわれる HANNAH MCKAYーREUTERS

<ポスト・メイを争う保守党党首選は乱戦に――候補者のブレグジットへの立場とブックメーカーのオッズを一挙紹介>

ブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる混乱の責任を取る形で、テリーザ・メイ英首相が5月24日に辞任を表明した。すると、ここ数カ月ひそかに繰り広げられていた後継者をめぐる闘いが、いきなり表面化した。

総選挙が行われるわけではない。支持率が低迷気味の与党・保守党で、いま選挙を望む議員などいない。あくまで保守党の党首選だ。しかし、結果的には首相を選ぶ選挙になる。

メイは6月7日に保守党党首を辞任したが、首相の座には後継者が決まるまでとどまる。この記事を書いている時点で、党首選には11人が名乗りを上げている。10日の立候補締め切りまでに、まだ増える可能性もある。

党首選ではまず保守党議員が何度も投票を繰り返し、候補者を2人に絞る。その後、党員全員でどちらかを選ぶ。

党としては議会が閉会する7月下旬までに決着をつけたい考えだ。その間にも、イギリスがEUを離脱する期限の10月31日は刻々と近づいてくる。既にイギリスは、この期限を2度にわたって延長した。

出馬を表明した政治家らが提案するブレグジット対策は、なんとも幅広い。離脱期限の再々延期、国民投票の再実施、合意なき離脱に踏み切る――とさまざまだ。もちろんブレグジット以外にも考慮しなくてはならない政治的な問題が山積している。

現在出馬を表明している候補11人をそれぞれのブレグジット支持度によって紹介しよう。当選のオッズは、ブックメーカーのラッドブロークスが6月5日に発表したもの。

【離脱積極派】

■ボリス・ジョンソン(前外相)
▼オッズ:0.8倍

ジャーナリストからロンドン市長へ、さらには外相も務めたジョンソンは、今のところ政界筋からもブックメーカーからも本命とみられている。

10月31日まではEUとの新たな離脱協定の交渉を試みるが、合意の有無にかかわらず、EUからの離脱を強行する考えだ。

ジョンソンはブレグジットの是非を問う国民投票の前に、離脱派の旗振り役を務めていただが、メイの離脱協定案に反対して閣僚を辞任。ブレグジット推進派とはいえ、他の社会・経済的問題についての立場は仲間たちよりもやや穏健だ。

支持者がジョンソンを推すのには大きな理由がある。ブレグジット党のナイジェル・ファラージュ党首や労働党のジェレミー・コービン党首といった野党指導者に対抗できるポピュリスト的なリーダーが必要だと考えるからだ。

ジョンソンのマイナス面は、権力を手にするためなら何でもするし、どんなことでも言う極端な日和見主義者だという点に尽きる。

一般党員には非常に人気があり、決選投票まで残れば勝利は確実だろう。しかし残念ながら、仲間の議員からは嫌われている。

ニュース速報

ワールド

中国軍幹部、独立阻止へ「武力行使も選択肢」 台湾反

ビジネス

日銀6月の国債買い入れ、「残存3年超5年債」を増額

ビジネス

日産の円建て融資は主力みずほが3500億円、政府保

ワールド

中国、韓国へのTHAAD配備に断固反対=外務省

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3日連続増加

  • 3

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 5

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 8

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月