最新記事

英政治

次期イギリス首相を狙う11人の下馬評は

Who Will Replace Theresa May?

2019年6月15日(土)13時40分
ジョシュア・キーティング

ジョンソンは人気はあるが、権力目当ての日和見主義者ともいわれる HANNAH MCKAYーREUTERS

<ポスト・メイを争う保守党党首選は乱戦に――候補者のブレグジットへの立場とブックメーカーのオッズを一挙紹介>

ブレグジット(イギリスのEU離脱)をめぐる混乱の責任を取る形で、テリーザ・メイ英首相が5月24日に辞任を表明した。すると、ここ数カ月ひそかに繰り広げられていた後継者をめぐる闘いが、いきなり表面化した。

総選挙が行われるわけではない。支持率が低迷気味の与党・保守党で、いま選挙を望む議員などいない。あくまで保守党の党首選だ。しかし、結果的には首相を選ぶ選挙になる。

メイは6月7日に保守党党首を辞任したが、首相の座には後継者が決まるまでとどまる。この記事を書いている時点で、党首選には11人が名乗りを上げている。10日の立候補締め切りまでに、まだ増える可能性もある。

党首選ではまず保守党議員が何度も投票を繰り返し、候補者を2人に絞る。その後、党員全員でどちらかを選ぶ。

党としては議会が閉会する7月下旬までに決着をつけたい考えだ。その間にも、イギリスがEUを離脱する期限の10月31日は刻々と近づいてくる。既にイギリスは、この期限を2度にわたって延長した。

出馬を表明した政治家らが提案するブレグジット対策は、なんとも幅広い。離脱期限の再々延期、国民投票の再実施、合意なき離脱に踏み切る――とさまざまだ。もちろんブレグジット以外にも考慮しなくてはならない政治的な問題が山積している。

現在出馬を表明している候補11人をそれぞれのブレグジット支持度によって紹介しよう。当選のオッズは、ブックメーカーのラッドブロークスが6月5日に発表したもの。

【離脱積極派】

■ボリス・ジョンソン(前外相)
▼オッズ:0.8倍

ジャーナリストからロンドン市長へ、さらには外相も務めたジョンソンは、今のところ政界筋からもブックメーカーからも本命とみられている。

10月31日まではEUとの新たな離脱協定の交渉を試みるが、合意の有無にかかわらず、EUからの離脱を強行する考えだ。

ジョンソンはブレグジットの是非を問う国民投票の前に、離脱派の旗振り役を務めていただが、メイの離脱協定案に反対して閣僚を辞任。ブレグジット推進派とはいえ、他の社会・経済的問題についての立場は仲間たちよりもやや穏健だ。

支持者がジョンソンを推すのには大きな理由がある。ブレグジット党のナイジェル・ファラージュ党首や労働党のジェレミー・コービン党首といった野党指導者に対抗できるポピュリスト的なリーダーが必要だと考えるからだ。

ジョンソンのマイナス面は、権力を手にするためなら何でもするし、どんなことでも言う極端な日和見主義者だという点に尽きる。

一般党員には非常に人気があり、決選投票まで残れば勝利は確実だろう。しかし残念ながら、仲間の議員からは嫌われている。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されている──スイス国立博物館のハイジ展の本気度

  • 2

    数千億円かけたサウジ防空システムに欠陥 わずか数万円のドローン攻撃に無防備

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    韓国・文在寅大統領が最低を更新した、もう1つの支…

  • 5

    韓国に対して、旧宗主国の日本がなすべきこと

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    経団連が雇用保険を使った「氷河期世代」救済に反対…

  • 8

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 9

    チョ・グク法務部長官の任命をめぐる世論の動向

  • 10

    新学期が始まった、でもフランスの子どもは字が書け…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 7

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 8

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 9

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 10

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 7

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月