最新記事

北朝鮮

北朝鮮のミサイル実験でトランプがボルトンを否定、その意味は

No One Seems to Agree With Trump's North Korea Claims

2019年5月30日(木)14時30分
デービッド・ブレナン

5月10日に北朝鮮が行ったミサイル発射実験。短距離弾道ミサイルとみられる REUTERS/Carlo Allegri

<北朝鮮が制裁緩和より先に核兵器とミサイルを放棄する、という非現実的な期待にしがみつくボルトンに対し、トランプは対話の継続を選んだ。ボルトンら主戦論者は政権から排除すべきだ>

5月28日、アメリカの外交政策をめぐる政府内部の混乱に再び注目が集まった。北朝鮮のミサイル発射実験について、国務省がドナルド・トランプ大統領と異なる見解を示したのだ。

制裁緩和や朝鮮半島の非核化をめぐる米朝間の協議が行き詰まるなか、北朝鮮は5月上旬、2度にわたって短距離弾道ミサイルの発射実験を実施した。加えて9日に北朝鮮籍の貨物船が国連安保理の制裁に違反した疑いで米司法省に差し押さえられたことも、両国間の関係改善に水を差すこととなった。

米朝間の外交関係の「雪解け」は、トランプが最も誇る外交上の成果のひとつだ(具体的にどれだけのことが達成されたかについては議論の余地があるが)。しかし最近は協議が行き詰まり、両国間の舌戦が激しさを増しつつあった。それでもトランプは、自らの外交上の「成果」を脅かす可能性のあるものはすべて、断固無視する決意のようだ。

5月25~28日の日本訪問中、北朝鮮が直前に行ったミサイル発射実験について質問を受けると、トランプは「個人的には気にしていない」と発言。さらに、協議に進展がみられない状況にもかかわらず、北朝鮮問題に関する進展に「とても満足している」ともつけ加えた。

ボルトンも国務省もトランプの見解に異論

トランプはまた、2度のミサイル発射実験が、北朝鮮に対して「一切の核実験および弾道ミサイルの発射実験を禁じる」国連の決議に違反しているとは思わないとも発言した。「米国民は違反と考えるかもしれないが、私の考え方は違う」と。

この発言は、ジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を意識した発言にも思える。イランや北朝鮮をはじめ、アメリカと敵対する国への強硬姿勢で知られるボルトンは25日、北朝鮮が決議に違反したことは「明らかだ」と批判。トランプの日本到着に先立ち、東京で記者団に「国連安保理の決議は、いかなる弾道ミサイルの発射も禁じている」と説明していた。

日本の安倍晋三総理大臣も、ボルトンと同様の見解を示した。安倍は27日に実施したトランプとの共同会見で、北朝鮮によるミサイル発射は「極めて遺憾」で国連決議違反だと示唆した(一方のトランプはこの会見で同発射実験を重要視しない姿勢を示した)。

そして28日、米国務省がさらに事態を混乱させた。国務省はこの日の会見でトランプの主張に異論を唱え、北朝鮮の兵器開発の計画全てが国連決議に違反している」と示唆したのだ。

ニュース速報

ビジネス

英小売売上高、1月は横ばい 個人消費の低調継続=C

ビジネス

FRB利下げなら債務返済や借り換えに注力=トランプ

ビジネス

世界経済に中期リスク、一段の金融緩和で解決できず=

ワールド

OPEC、協調減産6月まで延長も 新型肺炎で需要減

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪誘致

  • 3

    中国が新型コロナウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 9

    新型コロナウイルス、感染状況まとめ

  • 10

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 1

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 2

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 3

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

  • 4

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 5

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 9

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 10

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 6

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 7

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 8

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月