最新記事

米中関係

ファーウェイたたきはトランプの大博打

Huawei, China, and a Trade War

2019年5月21日(火)16時00分
シャノン・ティエジー

貴州省の貴安新区に建設中のファーウェイの巨大データセンター WU DONGJUNーVCG/GETTY IMAGES

<中国が世界に誇るIT企業ファーウェイの息の根を止めかねない強硬措置で、膠着状態に陥った貿易交渉は打開されるのか>

米中貿易交渉が膠着状態に陥り、再開の見通しが立たないなか、アメリカが新たなパンチを繰り出した。それも強烈なダブルパンチだ。

ドナルド・トランプ米大統領は5月15日、国家安全保障上のリスクがあると見なされたIT企業の調達を禁止する大統領令を発表した。「国外の敵が所有し、支配し、またはその管轄または指揮下にある者が設計、開発、製造、または供給する情報通信技術またはサービス」の使用を禁止するというのだ。

誰が「国外の敵」に当たるか、そしてどのような取引が安全保障上のリスクに当たるのかは、商務長官が他の閣僚と相談して下すという。この大統領令は「中国」はもとより特定の国名に言及していない。しかしその念頭には、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)や中興通訊(ZTE)といった中国のIT企業が、中国政府に盗聴目的などで利用されることへの懸念があるとみられている。

その懸念を確認するかのように、米商務省も同日、ファーウェイとその関連企業を産業安全保障局(BIS)の「エンティティー・リスト」に加えると発表した。このリストに加えられるのは、アメリカの安全保障や外交政策上の利益に反する活動に関与していると見なされた人や組織。そのような人や組織にアメリカの技術を売却または移転する場合は、BISの許可を得なければならない。

すぐに中国は反論した。外務省の陸慷(ルー・カン)報道局長は16日、「『国家安全保障』という、どうにでも解釈可能な言い回しで、輸出規制を乱用している」と非難。米政府は「その間違った慣行をやめる」べきだと呼び掛け、「中国は中国企業の正当な権益を守るため必要な措置を取る」と警告した。

トランプの大統領令と、ファーウェイのエンティティー・リスト入りは、名目的には米中貿易戦争とは無関係の措置を装っているが、このタイミングといい、ターゲットといい、無関係と考えるのには無理がある。

ZTE式の解決はない?

2つの措置が発表されたのは、米中貿易交渉が膠着状態に陥り、トランプが中国製品2000億ドル分への追加関税に言及した10日後のこと。米通商代表部(USTR)が、追加関税の対象品目を示した3日後だった。

一方、中国政府は13日、米製品600億ドル分に対する最大25%の追加関税を発表した。さらに中国政府は、中国で事業活動を行う米企業を標的に、もっと非公式な形で、もっと大きなダメージを与える報復措置を取るのではないかと懸念されている。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 10

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月