最新記事

東南アジア

インドネシアの宗教と民主主義の危うい関係

Islam Is the Winning Ticket in Indonesia

2019年4月25日(木)15時30分
クリティカ・バラグール

ジョコと副大統領候補の聖職者マアルフ・アミンの選挙運動は盛り上がった WILLY KURNIAWANーREUTERS

<実務肌の現職ジョコ大統領が再選確実となったがイスラム教勢力が政治の場で無視できない存在に>

14年以来(そしておそらく24年まで)インドネシアの大統領を務めるジョコ・ウィドドは最高に満足していたはずだ。4月17日午後3時、インドネシア大統領選挙の開票速報の時点で、対立候補のプラボウォ・スビアントを10ポイントほどリードしていたのだから。

それでも彼は勝利宣言を見送った。歓声を上げる支持者たちには、5月22日までに公表予定の正式結果を辛抱強く待つよう求めた。

それはジョコの完璧な自信の表れだった。5年前の大統領選でも勝利した同じ相手に、今回も順調な選挙戦を戦ってきた。

インドネシアでは、政界のエリートではなく軍人でもない大統領はジョコが初めてだ。そして実務家らしく少しずつ改革を進め、経済を発展させてきた実績が勝利の決め手になった。

今回で3度連続で国政選挙で敗れることになる対立候補のプラボウォは開票速報に異を唱え、選挙の不正を主張している。

だが国際戦略研究所の研究員アーロン・コネリーに言わせると、ジョコの勝因は「楽観的で陽気な選挙運動を展開した」ことだ。国内の資源部門への外資参入に反対するなど、なにかと否定的だったプラボウォの主張とは正反対で、「結局は楽観主義が悲観主義に勝った」のだ。

しかしジョコは再選を確実にするため、宗教保守派にかなりの譲歩をした。副大統領候補として、インドネシアのイスラム社会の頂点に立つマアルフ・アミン師を選んだのだ。マアルフの主張は不寛容で、過去にはシーア派やアハマディア派のイスラム教徒、LGBTの人々を露骨に攻撃したこともある。

昨年、ジョコがマアルフを選んだことは、イスラム勢力への屈服と見なされている。きっかけとなったのは17年、イスラム教を冒瀆したとして実刑判決を受けたキリスト教徒のジャカルタ州知事バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)が、強硬なイスラム主義者の抗議行動で再選を果たせなかったことだ。

宗教意識が急激に高揚

もはやジョコは危険を冒すわけにいかなかった。5年前の選挙で、本物のイスラム教徒ではないと非難され、「隠れ共産主義者」と呼ばれた苦い経験があるからだ。

マアルフを副大統領候補に選んだことは、アホック追放以来、イスラム教徒であることがインドネシア政治における正統性と信用の中核的な要素になったことを示している。もちろんインドネシアは過去にも世俗的な国ではなかった。その憲法は6つの信仰を名指しで保護し、無神論を違法としている。だが宗教や宗派間の抗争が内政を揺るがすことはなかった。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 6

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 9

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 5

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 6

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 7

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 8

    香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

  • 9

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 10

    差別から逃れるように暮らしていた? 戦前の日系人…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 5

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月