最新記事

東南アジア

インドネシアの宗教と民主主義の危うい関係

Islam Is the Winning Ticket in Indonesia

2019年4月25日(木)15時30分
クリティカ・バラグール

ジョコと副大統領候補の聖職者マアルフ・アミンの選挙運動は盛り上がった WILLY KURNIAWANーREUTERS

<実務肌の現職ジョコ大統領が再選確実となったがイスラム教勢力が政治の場で無視できない存在に>

14年以来(そしておそらく24年まで)インドネシアの大統領を務めるジョコ・ウィドドは最高に満足していたはずだ。4月17日午後3時、インドネシア大統領選挙の開票速報の時点で、対立候補のプラボウォ・スビアントを10ポイントほどリードしていたのだから。

それでも彼は勝利宣言を見送った。歓声を上げる支持者たちには、5月22日までに公表予定の正式結果を辛抱強く待つよう求めた。

それはジョコの完璧な自信の表れだった。5年前の大統領選でも勝利した同じ相手に、今回も順調な選挙戦を戦ってきた。

インドネシアでは、政界のエリートではなく軍人でもない大統領はジョコが初めてだ。そして実務家らしく少しずつ改革を進め、経済を発展させてきた実績が勝利の決め手になった。

今回で3度連続で国政選挙で敗れることになる対立候補のプラボウォは開票速報に異を唱え、選挙の不正を主張している。

だが国際戦略研究所の研究員アーロン・コネリーに言わせると、ジョコの勝因は「楽観的で陽気な選挙運動を展開した」ことだ。国内の資源部門への外資参入に反対するなど、なにかと否定的だったプラボウォの主張とは正反対で、「結局は楽観主義が悲観主義に勝った」のだ。

しかしジョコは再選を確実にするため、宗教保守派にかなりの譲歩をした。副大統領候補として、インドネシアのイスラム社会の頂点に立つマアルフ・アミン師を選んだのだ。マアルフの主張は不寛容で、過去にはシーア派やアハマディア派のイスラム教徒、LGBTの人々を露骨に攻撃したこともある。

昨年、ジョコがマアルフを選んだことは、イスラム勢力への屈服と見なされている。きっかけとなったのは17年、イスラム教を冒瀆したとして実刑判決を受けたキリスト教徒のジャカルタ州知事バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)が、強硬なイスラム主義者の抗議行動で再選を果たせなかったことだ。

宗教意識が急激に高揚

もはやジョコは危険を冒すわけにいかなかった。5年前の選挙で、本物のイスラム教徒ではないと非難され、「隠れ共産主義者」と呼ばれた苦い経験があるからだ。

マアルフを副大統領候補に選んだことは、アホック追放以来、イスラム教徒であることがインドネシア政治における正統性と信用の中核的な要素になったことを示している。もちろんインドネシアは過去にも世俗的な国ではなかった。その憲法は6つの信仰を名指しで保護し、無神論を違法としている。だが宗教や宗派間の抗争が内政を揺るがすことはなかった。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=下落、新型肺炎の拡大防止策巡り経済へ

ビジネス

ドル指数や安全通貨が上昇・元下落、新型肺炎拡大で=

ワールド

新型肺炎、北京で初の死者 世界株安進行 米大統領は

ワールド

加で新型肺炎2人目の感染確認、武漢から帰国の夫婦 

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 3

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 4

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 5

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 6

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 7

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月