最新記事

環境

「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

Wash. Might Be 1st State to Legalize Human Composting

2019年4月24日(水)16時30分
キャサリン・ハイネット

ワシントン州立大学の研究者リン・カーペンター・ボッグスとともにこのアイデアを練り上げたスペードは、その他の環境志向の葬儀団体の支援も受けている。「グリーン埋葬協議会(Green Burial Council:GBC)」のリー・ウェブスターは本誌に対し、スペードのコンセプトは地球にとっても人間にとっても「ウィン・ウィン」だと語った。「地方でも墓地が満杯になりつつある現状を考えれば、場所の確保、利用のしやすさ、環境への影響、遺族の感情的なニーズにしっかり対応できる、代替的な手法を開発する必要がある」とウェブスターは話している。

GBCが推奨する「グリーン埋葬」は、「生分解を妨害しない」柩や布を用いて、3.5~4フィート(1~1.2メートル)の深さに埋葬する方法だという。また、遺体防腐処理用に化学物質を使うことや、墓地の下の地面を支えるためにしばしば使われるコンクリートや金属のアーチに反対し、二酸化炭素排出量の多い火葬にも異を唱えている。

「グリーン埋葬が不可能なところでは、遺体の堆肥化はきわめて理にかなっている。堆肥化は、グリーン埋葬の分解プロセスを再現するのに加えて、有益な物質を生み出す。つまり、肥料だ」とウェブスターは言う。

「死に意味を求める人間古来の習慣を、私たちは思い出すべきだ」

(翻訳:ガリレオ)

201904300507cover-200.jpg

※4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が尊敬する日本人100人」特集。お笑い芸人からノーベル賞学者まで、誰もが知るスターから知られざる「その道の達人」まで――。文化と言葉の壁を越えて輝く天才・異才・奇才100人を取り上げる特集を、10年ぶりに組みました。渡辺直美、梅原大吾、伊藤比呂美、川島良彰、若宮正子、イチロー、蒼井そら、石上純也、野沢雅子、藤田嗣治......。いま注目すべき100人を選んでいます。


20210126issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

1月26日号(1月19日発売)は「バイデンvs中国」特集。貿易戦争、ウイグル、テクノロジー覇権……「バイデン新政権は中国に弱腰」は本当か。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

リスク選好改善でドル売り、バイデン政権の景気刺激策

ビジネス

米国は最高値、バイデン大統領就任やネットフリックス

ワールド

米民主党、上院3議員が就任 副大統領とあわせ実質支

ビジネス

米P&G、通年売上高見通しを再び上方修正 コロナで

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り直す時

  • 2

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断トツの「数値」

  • 3

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身元調査受け

  • 4

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 5

    トランプ支持者たちがロシアに移民希望?──ロシアの…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    ドイツで新たな変異種発見か 規制厳格化で隔離義務…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月