最新記事

ポピュリズム

ウクライナ大統領選、政治経験ゼロの人気芸人が現職リードし決戦投票へ

2019年4月1日(月)15時56分

ウクライナ大統領選で、出口調査や暫定開票結果によると、人気コメディアンで政治経験がないボロディミル・ゼレンスキー氏(41、写真)が現職を引き離して首位に立った。決選投票に進む見通し。キエフで撮影(2019年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

3月31日実施のウクライナ大統領選で、出口調査や暫定開票結果によると、人気コメディアンで政治経験がないボロディミル・ゼレンスキー氏(41)が現職を引き離して首位に立った。決選投票に進む見通し。

出口調査によると、投票終了から3時間後の2000GMT(日本時間4月1日午前5時)時点でゼレンスキー氏の得票率は30.6%と、現職ポロシェンコ大統領の17.8%を大きく上回った。

ユリア・ティモシェンコ元首相は14.2%で3位につけた。同氏は出口調査の結果に疑問を呈しており、最終結果について異議を申し立てる可能性があるとしている。

開票率9%の時点の暫定開票結果でも3人の順位は同じだった。

ゼレンスキー氏は人気テレビドラマで架空の大統領を演じている。政治家としての能力は未知数で、政策に詳しくないとの批判の声もある。

どの候補者も過半数を得ることはないとみられており、4月21日に決選投票が行われることがほぼ確定した。候補者の数は39人に上ったが、上位3位全員がロシアの影響下に再び入ることに反対している。

ゼレンスキー氏は31日夜、支持者らに謝意を表明した上で「これは単なる始まりで、ここで気を緩めはしない」と述べた。同氏はリラックスしたスタイルの選挙戦を展開。31日夜の集会場所では無料で酒が振る舞われ、卓球場なども設置されていた。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ポロシェンコ大統領は選挙結果は若い世代の有権者などから受けた「厳しい教訓」だとコメントし、決選投票では自身に投票するよう若い世代に呼び掛けた。

「この国は変化しているが、さらに迅速で踏み込んだ高質の変革が求められている」と表明。ゼレンスキー氏については、ロシアのプーチン大統領などとの国際協議でウクライナを代表するには適任ではないと訴えた。

投資銀行エキゾティクスのソブリン・債券リサーチ責任者スチュアート・カルバーハウス氏は、ゼレンスキー氏は企業首脳と会合し、伝統的な経済政策について語ることで政治家らしく振る舞おうとしたと指摘。「公式な開票結果で出口調査の結果が確定した場合、ゼレンスキー氏には決選投票までに公約を肉付けするさらなる圧力がかかることになる見込み」と述べた。

[キエフ 31日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

中国の敬業集団、ブリティッシュ・スチール買収で暫定

ワールド

英ブレグジット党、対抗馬擁立見送り ジョンソン首相

ワールド

英総選挙、保守党支持率が労働党を8ポイントリード=

ワールド

イランが新たにウラン濃縮再開、IAEAが確認 濃縮

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった理由

  • 2

    香港の若者が一歩も退かない本当の理由

  • 3

    自殺大国の韓国で生前葬が大人気、2万5000人以上が「死」を体験

  • 4

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 5

    それでも僕らがトランプを支持する理由

  • 6

    国連制裁決議にも従わず......北朝鮮とウガンダのデ…

  • 7

    日本アニメはネットフリックスを救えるか?

  • 8

    英国「連合王国」は10年後に存在せず!? 世論調査で…

  • 9

    「赤い州」に誕生する民主党知事、「異変」が起きて…

  • 10

    香港デモ、警官発砲で1人重体か 全土に混乱広がる

  • 1

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 2

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 3

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する日』

  • 4

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 5

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 6

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    ストレス耐性は就学前に決まる? 産業医が見た「スト…

  • 9

    10兆円規模の資本金を2年で使い果たしたソフトバンク…

  • 10

    北朝鮮、安倍晋三を「愚かで性悪」と罵倒 外交でも…

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月