最新記事

性犯罪

女が醜いからレイプ男は無罪?

'Too Ugly To Be Raped'

2019年4月11日(木)16時50分
デービッド・ブレナン

あなたは不美人だからレイプなんかされたはずはない、と言われたら?  AntonioGuillem/iStock.

<レイプで訴えられた容疑者は、被害女性は「レイプするには醜すぎる」と言い、判事も「マッチョすぎて、レイプされたというのは信じがたい」と同調。まるで中世の判決だと、非難されていた>

イタリアの最高裁は、レイプしたか否かの判断に被害者の美醜は関係ないという判断を示した。被害を訴えた女性は「レイプするには醜すぎる」のでやっていない、とした容疑者2人の主張に同調し、無罪とした2017年の悪名高い判決を覆すものだ。

英ガーディアン紙によればこれは、22歳のペルー人女性が2015年3月に2人の南米人男性にレイプされたとして告発した事件。2人の男は2016年にいったん有罪判決を受けたが、控訴した。そして2017年11月、無罪判決が下った。3人の女性判事が、被害女性はマッチョな体形をしていて、レイプされたという訴えは信用できないと主張したため。

ローマの最高裁は先月、その無罪判決を破棄して控訴審に差し戻し、4月9日にこの判断の理由を説明した。それによれば、被害者の外見は「まったく無関係」で、証言の信用性を評価する基準にもならないと述べた。

被害女性の主張では、2人の容疑者は彼女の飲み物に何かを混入しておいて、彼女をレイプした。その間、男の1人は見張りにあたったという。医師たちは、彼女の怪我がレイプによる怪我と一致すると証言した。彼女の血液からは、デートレイプ薬の痕跡も発見された。

男たちを無罪にした判事は、被害女性の容姿と、「魅力は感じなかった」という容疑者たちの言葉を根拠に彼らを無罪とした。容疑者の1人が彼女に「海賊」というあだ名をつけているという証言もあった。

控訴審の判事らは、「熱狂的な夜を企画」したのは「被害女性」自身だった「可能性も捨てきれない」とし、容疑者が性的に彼女に魅かれるにはガッチリしすぎていて、レイプされたという証言は疑わしいと言った。

この判決にイタリアでは抗議デモが起こり、多くの市民が女性に対する暴力を非難し、この判決を「まるで中世」と怒りを表した。レイプかレイプではないかの判断を狂わす驚くべき偏見は今もまかり通っている。今回是正されたとはいえ、まだまだ氷山の一角だ。

20190416cover-200.jpg

※4月16日号(4月9日発売)は「世界が見た『令和』」特集。新たな日本の針路を、世界はこう予測する。令和ニッポンに寄せられる期待と不安は――。寄稿:キャロル・グラック(コロンビア大学教授)、パックン(芸人)、ミンシン・ペイ(在米中国人学者)、ピーター・タスカ(評論家)、グレン・カール(元CIA工作員)。

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 9

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月