最新記事

医療

性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投稿していた

Sex-Change Surgeon Shared Patients' Photos to Instagram

2019年3月14日(木)14時38分
クリスティナ・チャオ

患者の最も無防備で弱いところに付け込むプレデターが野放しに nimon_t/iStock.

<常軌を逸した投稿に、トランスジェンダーの人々から非難が殺到。だが、病院を去っただけで医師免許はまだ有効だ>

米フロリダ州にあるマイアミ大学健康システム学科の外科医が、性転換手術を受けた患者の生殖器などを写した画像を個人のインスタグラムに投稿し、クビになった。

米外科学会(ACS)による処分を求めて最初に立ち上がったのは、トランスジェンダーとその支持者。外科医のクリストファー・ジョン・サルガドは性転換手術の途中経過や切り取った性器の写真などをインスタグラム(@sexsurgeon)でシェアしていた。性転換手術だけでなく、顔や脚など身体の一部が変形したり肥大化した患者の写真もシェアし、ときにはジョークを書き込んだりしていた。

サルガドは同大学のLGBT専門科(LGBTセンター・フォー・ウェルネス・ジェンダー・アンド・セクシャルヘルス)の責任者だった。

「トランスジェンダーが性転換手術の際、どれほど無防備で弱い立場に置かれると思っているのか」と、処分を求める請願書にはある。「暴力やネグレクト、ミスジェンダリング(本人の性自認と異なる性で呼ぶこと)、性的暴行などの脅威に始終さらされる。トランスジェンダー専門を名乗る外科医が、こんなホモフォビック(同性愛者に対する偏見を持つこと)なことをするなど、到底受け入れられない」

サルガドは、自分のインスタ・アカウントをすぐに削除したが、アーカイブされた写真の一部は閲覧可能になっている。たとえば、1月24日の投稿には、患者の直腸から摘出したという「大人のおもちゃ」と一緒にポーズを取る白衣姿のサルガドが写っている。

先月のバレンタインデーには、切断した患者のペニスをハート形に折り曲げて写真を撮り、「愛にはさまざまな形がある」とコメントしている。勃起機能を得るための陰茎インプラント手術を受けた患者を「障害者」呼ばわりしたりもしていた。

医師免許は?

大学の広報担当者であるリサ・ワーリーは3月13日、「(サルガドは)もはや大学と雇用関係にない」としたうえで、「性転換手術の患者のために継続的かつ一貫したケアを施す専門チームの配置は、今後も続けていく」

サルガドはその後行方不明だ。フロリダ州衛生局のホームページに掲載されている医師リストによれば、彼の医師免許は現在も有効だ。

(翻訳:河原里香)

※3月19日号(3月12日発売)は「ニューロフィードバック革命:脳を変える」特集。電気刺激を加えることで鬱(うつ)やADHDを治し、運動・学習能力を高める――。そんな「脳の訓練法」が実は存在する。暴力衝動の抑制や摂食障害の治療などにつながりそうな、最新のニューロ研究も紹介。

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月