最新記事

動物

襲われたランナーが素手で殺したピューマはまだ「子猫」だった

Mountain Lion Killed by Colorado Runner Was a 'Kitten'

2019年3月6日(水)19時34分
アリストス・ジョージャウ

ピューマの子ども。「ピューマを殺した」のは正当防衛になるが、「ピューマの子どもを殺した」というと聞こえが悪い Lynn_Bystrom/iStock.

<コロラド州で野山を走るトレイルランナーがピューマに襲われた。死に物狂いで応戦して九死に一生を得たが、相手はまだ子どもだったという。ピューマをなめてはいけない>

アメリカのコロラド州に住むトラビス・カウフマン(31)は今年2月、山林をランニング中に野生のピューマに襲われた。カウフマンはなんと素手で反撃、際どい格闘の末、何とかピューマを殺して助かった。普通なら考えられないようなこの逆転劇は内外のマスコミの注目の的となり、インターネットでも話題になった。

puma190306.jpg
ピューマのクローズアップ Mark Kostich/iStock.

ところが2月末、ピューマの死骸を解剖したコロラド州公園野生生物局(CWS)の獣医師は、カウフマンが戦った相手は生後3~4カ月の「子猫」であったと発表、世間はまた驚いた。このピューマは母親とはぐれてお腹を空かせていた可能性もあるという。カウフマンはまだ幼い子どものピューマを殺したのか?と非難めいた声も上がった。

獣医らの推定では、死んだピューマはおそらくオスで、生きているときの体重は16〜18キロ。死骸はひどく食い荒らされていたため、解剖に持ち込まれたときは約11キロしかなかった。死骸の骨についた歯形からすると、おそらくきょうだいのピューマに食い荒らされたようだ。

公園当局によれば、死骸の足の裏と鼻や口の周囲に大量の乾いた血が付着していた。頭頂部や鼻の頭、右目の上にも擦り傷や打撲の跡があった。喉頭部と気管にもかなり大きな傷があった。カウフマンとの格闘のためか、他の動物に嚙り付かれたためか、死骸はひどい状態だったが、獣医によればこのピューマは死亡するまで健康で、病気にかかっていた形跡はなかったという。

「子猫」でも危険過ぎるピューマ

カウフマンがピューマに襲われたのは2月4日、ホーストゥース・マウンテンパークを走っているときのことだった。「背後で松葉がざわざわと擦れる音が聞こえた。後ろを振り向いたら、なんとピューマがいた」と、カウフマンはCWSに語った。「こんなことが起こるのを一番恐れていた。心の底から震え上がった」

「獣は私に近づき、飛びかかってきた。腕を上げると、手首に噛みつかれた。私はなんとか顔を守ろうとした。それから顔に爪を立てられ、脚をひっかかれた。その間、私はずっと叫んでいた」

身長178センチ、体重68キロのカウフマンは、ピューマを振りほどこうとし、格闘が始まった。カウフマンの首をねらって襲い掛かってくるピューマの頭に、手近な岩を掴んでたたきつけた。

「子猫」といっても、それはまだ成獣ではないというだけのこと。カウフマンは危なかったと当局者は言い、反撃したのは正解だったと擁護した。

「ピューマの子供と成獣では、能力と体重にかなり差があり、人間にあたえる危険の度合いがかなり違うのは事実だ」と、CWSのローレン・トルーイットは言う。「生物学的には、若いピューマはほぼ1歳になるまで『子猫』と呼ばれる。でも幼いからといって、危険がないというわけではない。現にカウフマンも負傷している」

ピューマに襲われて負傷した直後のカウフマン


「幼いピューマで運がよかった、という話だ」と、彼女は言う。「大人のピューマに襲われていたら、命を落としていた可能性が高い」

ピューマに襲われ振りほどいた男性

ニュース速報

ワールド

米バージニア州知事がコロナ感染、ミズーリ州知事に続

ビジネス

米耐久財コア受注、8月は1.8%増 設備投資持ち直

ワールド

米大統領選、激戦州フロリダなどで支持拮抗 攻防続く

ワールド

選挙不介入の相互確約を、ロシアが米にサイバー有事防

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 4

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 5

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 6

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 7

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 8

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 9

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月