最新記事

戦争犯罪

「許そう、しかし決して忘れまい」と誓ったシンガポール、ナチスのかぎ十字ワッペン販売 アジアで薄れる戦争犯罪の影

2019年2月24日(日)11時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

パヤレバー空軍基地に隣接した場所に合うシンガポール空軍博物館(撮影筆者)

<第二次世界大戦で多大な死者を出し、戦争記憶の継承を大切にしている国の博物館で、まさに戦争犯罪を美化するようなものが置かれていた>

シンガポール空軍博物館内の土産物コーナーでナチスドイツの「ハーケンクロイツ(かぎ十字)」が描かれたワッペンが販売されていることがわかった。空軍博物館はパヤレバー空軍基地に隣接した地に立てられ、施設内には空軍士官用食堂も設けられるなど半ば公的機関であり、シンガポール政府、軍としての良識が問われかねない状況となっている。

2月22日の時点で空軍博物館1階にある「RSAFスバニアーズ(シンガポール空軍土産物コーナー)」には空軍関係のTシャツ、制服や飛行服の胸や上腕部につける部隊のロゴや飛行機のマークを表すワッペン、バックパックなどの装備品、各種航空機のプラモデルなどが沢山並べられて展示、販売されている。

その中のワッペンが並べられた棚には鷲とみられる鳥が頭を左に向け、両翼を広げてその下にかぎ十字のデザインが刺繍されたワッペンが販売されていた。値段は1個10シンガポールドル(約820円)となっている。

売店で働く女性従業員によると「私はこれが何を意味するどこの国のワッペンなのか、全く知りません」と話しており、「この商品はシンガポール人であるボスが選んでここで販売しているもので、商品の選択に関しても私は関係ありません」と述べた。

newsweek_20190224_120014.JPG

さりげなく販売されているナチスのかぎ十字ワッペン(撮影筆者)

アジアでは関心薄いナチス

東南アジアや東アジアではナチスドイツに関して、特に若い世代では知識が深くなく、関心も薄い。1月25日には日本のAKB48 の姉妹グループでタイのバンコクで活動するBNK48 のメンバーの一人が、リハーサル中に「かぎ十字」がデザインされたTシャツを着用、ネットで写真が拡散され非難を浴びる事案も起きている。

このためこのメンバーと劇場支配人が1月26日にバンコクのイスラエル大使館を訪問して大使に謝罪する事態に追い込まれた。

BNK48 は声明の中で「不適切なデザインの衣装が、世界の人道に反する過去の出来事から影響を受けた人びとに苦痛と動揺を与えてしまった」と謝罪している。

また韓国のヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」も過去にナチス親衛隊(SS)のシンボルをデザインした帽子を着用、別の機会にはナチスを模倣したように見える旗を掲げたパフォーマンスをしたことに対し2018年11月に米ユダヤ人組織が抗議、謝罪を要求する事態も起きている。

日本では2016年に女性アイドルグループ「欅坂46」のライブ衣装がナチスドイツの制服に似ているとして運営側が謝罪する事案が記憶に新しい。

reuter_20190224_120219.JPG

問題のワッペンが販売されているRSAFスバニアーズ(撮影筆者)

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 7

    文在寅が「タマネギ男」の検察改革に固執する理由

  • 8

    文在寅「超側近」チョ・グクの疑惑がここまで韓国人…

  • 9

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 10

    韓国銀行、景気下振れリスク認めつつ追加利下げは示…

  • 1

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 2

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 3

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 4

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 8

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」…

  • 9

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月