最新記事

米政府債務

国土を売って借金を返そう(モンタナ編)

Is Montana Worth Selling to Canada for $1 Trillion? Thousands of People Think So

2019年2月21日(木)15時30分
スコット・マクドナルド

モンタナ州は、カナダの一部になったほうが逆に幸せ? michal812/iStock

<広大だが「役立たず」のモンタナ州なら売ってもいい? 住民も喜んでいるようだ>

米連邦政府の公的債務残高が2月12日までに初めて22兆ドルを突破したことを受けて、新手の債務削減案が話題になっている──米北西部のカナダ国境にあるモンタナ州を1兆ドルでカナダに売ろう、というのだ。

署名サイト「Change.org(チェンジ・ドット・オルグ)」にあるその呼びかけには、「アメリカは多額の借金を抱えており、モンタナ州はどうせ役立たずだから」とある。「ビーバーがたくさんいます、とでも売り込めばいい」。

賛同者は2月19日夜までに1万人を超え、目標を1万5000人に引き上げた。

モンタナ州は全米50州のなかで4番目に大きい州。日本より少し大きく、テキサスやカリフォルニアよりは小さい。人口はわずか100万人だが、肥沃な土地がいくらでもある。

賛同者のほとんどは州外のアメリカ人だろうという大方の予想に反し、このモンタナ売却キャンペーンに署名しているユーザーの多くはモンタナ州民。カナダに売ってもらえるなら歓迎だと、彼らは言う。

「ほとんどの州民は歓迎よ。こんなひどい国とはおさらばしたい」

「引っ越し費用がなければカナダへの移住を希望。私たちを引き取って」

また別の州民は、「自分も売却に賛成!カナダになれば医療費が安くなるし、国家指導者もバカじゃない」とコメントした。

ただし、モンタナ州民は自分たちが「役立たず」とは思っていない。

モンタナ州はカナダ南部と接しているので生息する野生動物も似ているし、酪農が盛んなところはカナダ経済にもぴったりフィットするだろう。

いい合併案ではないだろうか?

(翻訳:河原里香)

※2019年2月26日号(2月19日発売)は「沖縄ラプソディ/Okinawan Rhapsody」特集。基地をめぐる県民投票を前に、この島に生きる人たちの息遣いとささやきに耳をすませる――。ノンフィクションライターの石戸諭氏が15ページの長編ルポを寄稿。沖縄で聴こえてきたのは、自由で多層な狂詩曲だった。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

ビジネス

英、EUコロナワクチン事前買取案への不参加表明

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに中国が報復誓う

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    新型コロナの治療薬候補アビガン、臨床研究で統計的…

  • 6

    韓国ソウルのパク・ウォンスン市長、遺体で発見 セク…

  • 7

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 8

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 9

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 10

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 6

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月