最新記事

選挙

タイ王女の首相選立候補、一転して取り下げ 国王の反対を受け入れへ

2019年2月9日(土)22時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

ウボンラット王女もインスタグラムに選挙への立候補取りやめを投稿した matichon tv / YouTube

<野党による王女の首相候補届出で混乱を呼んだタイの総選挙。国王による反対表明でひとまず王族の政界入りはなくなったが、この余波は尾を引きそうだ>

3月24日に予定されるタイの総選挙で野党の首相候補としてタイ王族のウボンラット王女の名前を2月8日に選挙管理委員会に届けでた野党「タイ国家維持党」は9日、「国王の指示を受け入れる」として、ウボンラット王女の候補擁立を取りやめることを明らかにした。

同王女の政界への進出に関しては8日夜にワチラロンコン国王が全国テレビ放送を通じて声明を発表、「王族の政治への関与は許されていない」として反対する立場を強く示していた。

タイでは「絶対的地位」の国王が自らの実姉の政界入りを厳しく批判したことを同党など野党関係者は重く受け止めて、協議の末、国王の意向を従う形で擁立を断念する結論に達したとみられる。

軍政とプラユット首相側が今後反撃か

タクシン元首相を支持する野党側が、ウボンラット王女の首相候補擁立という「隠し玉」を投げ込んだことに対し、国王が素早く反応して反対を表明、さらに野党側も即刻擁立を取り下げるなど迅速な対応でとりあえず総選挙と王室を巡る問題は決着がついた。

タイ国王の政治を超越した力の大きさを改めて国内外に印象付けた結果となり、状況を静観していた軍政側、親軍政政党などが一気に攻勢、逆襲に出ることが予想される事態となっている。もっとも、事案が王室関連であることから野党側を「王族を政治利用した」とは表立って批判できないことに変わりはない。

一方で浮き彫りになった王室内部の対立の構図はとりあえず収束する形となったが、芸能界などで活動するウボンラット王女の今後の処遇が選挙戦とは離れたところで今後議論になる可能性も出ており、王室内部のぎくしゃくした関係の解決のメドはついていない。

ウボンラット王女は王室の一員なのかそれともすでに一般人なのかの議論にはとりあえず国王の「王族であることに変わりはない」との主張で落ち着き、今後の活動にもそれなりの「制約」が生じてくることも十分考えられる展開となった。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 7

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月