最新記事

王室

タイ王女の首相選出馬に国王が反対声明 王室内の対立へ発展か

2019年2月9日(土)12時40分
大塚智彦(PanAsiaNews)

自らを一般人と主張する王女に弟の国王はいまだ王族の一員として選挙出馬を批判した Christian Hartmann / REUTERS

<クーデーター以降続いている軍事政権からの民政移行のための総選挙を控えたタイ。だが選挙は候補者の届け出から、王室も巻き込む形となり混沌としてきた>

3月24日に予定されるタイの総選挙で野党の首相候補としてタイ王族のウボンラット王女の名前が2月8日に選挙管理委員会に届けられたことに対し、ワチラロンコン国王が8日夜、全国テレビ放送を通じて声明を発表、「王族の政治への関与は許されていない」として反対する姿勢を明らかにした。

タイでは「絶対的地位」の国王が自らの実姉の政界入りを厳しく批判したことで、王室内部の対立の構図が浮き彫りになり、選挙戦に大きな影響を与える情勢となってきた。

野党「タイ国家維持党」が同党の首相候補者としてウボンラット王女の名前を8日、選管に届けたことはタイ内外で大きなニュースとなった。これを受けて同日夜、ワチラロンコン国王はテレビを通じて「王女は一度王室籍を離脱したとはいえ、依然として故プミポン国王の家族であり、王族の一員であることには変わりない。タイの伝統に従って王女は王族メンバーとして活動しており国民の尊敬を受けている」と前置きしたうえで「こうした王族の高位の者が政治に関わることはどのような形態であれタイの文化、王室の伝統に反するものであり、非常に不適切である」として王女の首相候補への立候補に事実上反対する立場を明確に示した。

タイ王族は憲法、関連各種法規、王室典範などでその法的地位が保障され、王族としての地位と立場への批判、反対、侮辱などは「不敬罪」の対象として訴追され、厳しい処罰を受けることになっている。

王女の政界入りに賛否両論

こうしたいわば「超法規的存在」ともいえる王族が首相候補として名乗りを上げたことにタイ国民の間には大きな衝撃が走っており、賛否両論が渦巻く結果となっている。

「国民の尊敬と信頼の対象」である王族が選挙戦という政治の世界に巻き込まれることで対立候補や政党は表立った「反論、批判、攻撃」が難しくなることも十分予想される。

ウボンラット王女が海外に逃避中のタクシン元首相を支持する政党から出馬したことを「王族の政治利用だ」と反対する声、反対に「国民の統合の象徴である王女の政治参加を歓迎する」という賛成論など、賛否渦巻く様子を9日付けのタイ各紙は伝えている。

王女の立候補届け出を受けた選管は届け出を正式に受理するかどうか依然として明らかにしておらず、判断に苦慮している様子だ。さらに親軍政政党「国民国家の力党」から首相候補として出馬を打診された軍政トップのプラユット首相も、対立候補が王女というタクシン派野党の「隠し玉」を前にして、出馬の正式な受諾を控えているといわれている。

タイ北部、東北部の農民層や貧困層で高い支持を誇るタクシン元首相と妹のインラック前首相の「タイ国家維持党」とその母体である「タイ貢献党」は、タクシン、インラックという2人の首相経験者に加えて王女も陣営に取り込んだことで国会議席でも過半数に迫る勢いとなる可能性が生まれ、総選挙そのものの構図に大きな影響を与えようとしている。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月