最新記事

英王室

「妊娠はウソ」「最低ランク女優」......メーガン妃がネット上で受けているいわれなきマタハラ

Meghan Markle Received These Vicious Comments From Online Trolls

2019年2月8日(金)14時00分
カミーユ・ハイムブロッド

メーガン妃へのバッシングはハリー王子と付き合い始めてから始まった Paul Grover-Pool-REUTERS

<昨年ハリー王子と結婚したメーガン妃へのバッシングは、妊娠してからひどくなるばかり>

昨年5月に英王室のハリー王子と結婚して「サセックス侯爵夫人」となったメーガン・マークルは、王子と付き合い始めて以降、ネット上のトロール(荒らし)から悪質な攻撃を受けてきたが、最近それがエスカレートしている。

その内容は、ハリー王子との結婚やメーガン妃の妊娠、他の王室メンバー、特にウィリアム王子の妻キャサリン妃との関係に関するもの。メーガン妃はアメリカのテレビ番組『SUITS/スーツ』にもレギュラー出演していた人気女優だが、ネット上のバッシングは極めて悪質だ。

あるツイッターユーザーは、妊娠中のメーガン妃のお腹の膨らみを嘘だと決めつけている。このユーザーは最近もメーガン妃を侮辱し、「妊娠はフェイク」という最悪のデマを流した。

今月初めにこのユーザーが投稿したツイートはこうだ。「誰かメーガンに教えてやってくれない? 本当に妊娠した女性は、ボトックス注射とかヒアルロン酸注入とかしない#moonbump(妊娠偽装)#fakepregnancy(フェイク妊娠)」

<関連記事>ツイッター、メーガン妃支持派が英王室批判で炎上「英王室はケイトしか守らない」

別のツイッターユーザーは、複数のメーガン妃の写真に「moon bump(妊娠偽装)」のハッシュタグを付けて投稿し、メーガン妃が妊娠しているはずがないと主張する。「彼女のお腹は動き回るとしぼんだり、膨らんだりする。私は2人子どもがいる(から騙されない)」と、書いている。


マナーがなっていない

イギリスの作家ジェシー・タイソンは、メーガン妃の服装がまるで10代の少女のようだとけなし、手やネイルが汚く、靴が汚れていると批判していた。また適切なマナーの訓練を受けていないため、王室には馴染めないと言い張っている。以前のインタビューでタイソンは、メーガン妃が現れたことで王室を愛せなくなったと語っている。

ソーシャルメディアでメーガン妃を「売春婦」と呼んでいた人物のアカウントは現在、削除された。またある在宅介護ワーカーはメーガン妃を「最低ランクの女優」と呼び、米東部在住の法律助手はツイッターでメーガン妃を「クズ」と罵った(現在はアカウントは非公開)。

この法律助手はまた、メーガン妃とキャサリン妃を比較してキャサリン妃は「綺麗で本物」と称賛。続けた投稿で、キャサリン妃は「真の王室」でハリー王子が引っ張り込んだ「クズ」とは違う、とメーガン妃をけなした。

現時点で、メーガン妃は自分に向けられたこうした否定的なコメントに対して返答していない。

ニュース速報

ビジネス

インタビュー:前田道路が反対表明してもTOBは実施

ビジネス

中国、2014─18年成長率を上方改定 GDP倍増

ビジネス

ストライキは仏経済を0.1%ポイント下押しへ=ルメ

ワールド

フィリピン首都近郊の火山に再噴火の兆候、観光施設に

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 4

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 5

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身…

  • 6

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 7

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 10

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 7

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 8

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 9

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月