最新記事

英王室

「妊娠はウソ」「最低ランク女優」......メーガン妃がネット上で受けているいわれなきマタハラ

Meghan Markle Received These Vicious Comments From Online Trolls

2019年2月8日(金)14時00分
カミーユ・ハイムブロッド

メーガン妃へのバッシングはハリー王子と付き合い始めてから始まった Paul Grover-Pool-REUTERS

<昨年ハリー王子と結婚したメーガン妃へのバッシングは、妊娠してからひどくなるばかり>

昨年5月に英王室のハリー王子と結婚して「サセックス侯爵夫人」となったメーガン・マークルは、王子と付き合い始めて以降、ネット上のトロール(荒らし)から悪質な攻撃を受けてきたが、最近それがエスカレートしている。

その内容は、ハリー王子との結婚やメーガン妃の妊娠、他の王室メンバー、特にウィリアム王子の妻キャサリン妃との関係に関するもの。メーガン妃はアメリカのテレビ番組『SUITS/スーツ』にもレギュラー出演していた人気女優だが、ネット上のバッシングは極めて悪質だ。

あるツイッターユーザーは、妊娠中のメーガン妃のお腹の膨らみを嘘だと決めつけている。このユーザーは最近もメーガン妃を侮辱し、「妊娠はフェイク」という最悪のデマを流した。

今月初めにこのユーザーが投稿したツイートはこうだ。「誰かメーガンに教えてやってくれない? 本当に妊娠した女性は、ボトックス注射とかヒアルロン酸注入とかしない#moonbump(妊娠偽装)#fakepregnancy(フェイク妊娠)」

<関連記事>ツイッター、メーガン妃支持派が英王室批判で炎上「英王室はケイトしか守らない」

別のツイッターユーザーは、複数のメーガン妃の写真に「moon bump(妊娠偽装)」のハッシュタグを付けて投稿し、メーガン妃が妊娠しているはずがないと主張する。「彼女のお腹は動き回るとしぼんだり、膨らんだりする。私は2人子どもがいる(から騙されない)」と、書いている。


マナーがなっていない

イギリスの作家ジェシー・タイソンは、メーガン妃の服装がまるで10代の少女のようだとけなし、手やネイルが汚く、靴が汚れていると批判していた。また適切なマナーの訓練を受けていないため、王室には馴染めないと言い張っている。以前のインタビューでタイソンは、メーガン妃が現れたことで王室を愛せなくなったと語っている。

ソーシャルメディアでメーガン妃を「売春婦」と呼んでいた人物のアカウントは現在、削除された。またある在宅介護ワーカーはメーガン妃を「最低ランクの女優」と呼び、米東部在住の法律助手はツイッターでメーガン妃を「クズ」と罵った(現在はアカウントは非公開)。

この法律助手はまた、メーガン妃とキャサリン妃を比較してキャサリン妃は「綺麗で本物」と称賛。続けた投稿で、キャサリン妃は「真の王室」でハリー王子が引っ張り込んだ「クズ」とは違う、とメーガン妃をけなした。

現時点で、メーガン妃は自分に向けられたこうした否定的なコメントに対して返答していない。

ニュース速報

ワールド

ブレグジット合意、関税問題の解決策必要=メルケル独

ワールド

マレーシア、南シナ海での最悪の状況に備える必要=外

ビジネス

バーニーズ、資産売却で合意 オーセンティック・ブラ

ビジネス

エリオットがユニゾに「あらゆる措置」と通告、善管注

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

  • 4

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 7

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 3

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 8

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月