最新記事

英王室

ツイッター、メーガン妃支持派が英王室批判で炎上「英王室はケイトしか守らない」

Kensington Palace ‘Terrible’ In Defending Meghan Markle But Not With Kate Middleton

2019年2月7日(木)16時03分
キャサリン・アメシン

妊娠中も心が休まらないメーガン妃(写真右、ロンドンの動物愛護団体を訪ねて 1月16日) Eddie Mulholland/Pool REUTERS

<ネット上のメーガン妃バッシングが止まらない。それを止めようとしない王室に激怒したメーガン派が反撃に出た>

英王室は、ウィリアム王子の妻キャサリン妃とハリー王子の妻メーガン妃を平等に扱っていない、とネットが炎上している。

昨年5月にハリー王子と結婚し「サセックス侯爵夫人」となったメーガン妃の親友たちもついに口を開き、ネット上(とくにツイッターとインスタグラム)で人種差別的、女性蔑視的なニセ情報やデマをまき散らすトロールからメーガン妃を擁護した。彼らによれば、王室入りしてからもメーガン妃は何ら変わらない。ハリー王子を愛し、支え、友達付き合いも続けている。それでも彼女は妊娠中の今でさえ、心の痛みに苛まれているという。

メーガン妃を応援する人たちはかねてから、王室は妊娠中の彼女を守る気がないと感じていたため、今回メーガン妃のために結束できたことに安堵している。もしネットで攻撃対象になったのがキャサリン妃なら、王室側の対応も違ったはずだ、と友人たちは言う。

「王室の対応はひどすぎる。あんなでたらめを一体誰がリークしているのか、ますます疑いたくなる」と、ツイッター・ユーザーのエリカ・カウンシルは書く。

「同感。ネットが発達したこのご時世、メーガン妃への執拗な攻撃に対して@KensingtonRoyal(英王室の公式ツイッター・アカウント)が取った対応は恥だ。彼らが弁護するのはキャサリン妃だけ。人種差別的なヘイト団体のリーダーみたいだ」と、別のユーザーがコメントした。

メーガン妃がキャサリン妃を泣かせた?

別のツイッター・ユーザー@Pearl19_0_8は、昨夏の終わりごろから王室の対応を疑っていた、とコメントした。メーガン妃への人種差別的なコメントが大量にあふれ、トロールたちがメーガン妃に対する中傷や嫌がらせ専用のアカウントを作り始めた頃だった。@Pearl19_0_8は、王室はその気になれば悪質なコメントを簡単に遮断できたはずなのに、メーガン妃の支持者から寄せられた不満を無視した、という。

メーガン妃の結婚式の準備でメーガン妃がキャサリン妃を泣かせた、と報じた王室担当記者、カミラ・トミネイも批判の的だった。トミネイは王室から反論はなかったと主張。事実誤認なら即座に抗議がきたはずだ、と書いた。

CNNが昨年末に報じたところによれば、@KensingtonRoyalでの誹謗中傷はメーガン妃に対するものだけではなく、キャサリン妃に対するものもあった。メーガン妃とキャサリン妃の支持者同士が争う体だという。英王室側も、監視プログラムを走らせ、ツイッターにも抗議している。だが、メーガン妃支持者の不満は収まらない。

「王室が報道内容に抗議するのはケンブリッジ公爵夫人(キャサリン妃)が不利になる時だけだ」と、あるユーザーはトミネイの記事についてコメントした。王室がハリー王子をひどく扱ってきた延長線上でメーガン妃が犠牲になっている、と。

(翻訳:河原里香)

20200929issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月29日号(9月23日発売)は「コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50」特集。利益も上げる世界と日本の「良き企業」50社[PLUS]進撃のBTS

ニュース速報

ワールド

韓国人男性射殺巡り北朝鮮に調査要請へ=韓国大統領府

ワールド

トランプ氏、最高裁判事に保守派バレット氏を指名意向

ビジネス

三菱自、希望退職500—600人規模募集へ 管理職

ワールド

焦点:ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃能力」を恐れる本当の理由

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 6

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    インドネシア、コロナ死者1万人突破 政府は打つ手な…

  • 9

    新型コロナ感染で、パーキンソン病のリスクが高まる…

  • 10

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 10

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月