最新記事

英王室

ツイッター、メーガン妃支持派が英王室批判で炎上「英王室はケイトしか守らない」

Kensington Palace ‘Terrible’ In Defending Meghan Markle But Not With Kate Middleton

2019年2月7日(木)16時03分
キャサリン・アメシン

妊娠中も心が休まらないメーガン妃(写真右、ロンドンの動物愛護団体を訪ねて 1月16日) Eddie Mulholland/Pool REUTERS

<ネット上のメーガン妃バッシングが止まらない。それを止めようとしない王室に激怒したメーガン派が反撃に出た>

英王室は、ウィリアム王子の妻キャサリン妃とハリー王子の妻メーガン妃を平等に扱っていない、とネットが炎上している。

昨年5月にハリー王子と結婚し「サセックス侯爵夫人」となったメーガン妃の親友たちもついに口を開き、ネット上(とくにツイッターとインスタグラム)で人種差別的、女性蔑視的なニセ情報やデマをまき散らすトロールからメーガン妃を擁護した。彼らによれば、王室入りしてからもメーガン妃は何ら変わらない。ハリー王子を愛し、支え、友達付き合いも続けている。それでも彼女は妊娠中の今でさえ、心の痛みに苛まれているという。

メーガン妃を応援する人たちはかねてから、王室は妊娠中の彼女を守る気がないと感じていたため、今回メーガン妃のために結束できたことに安堵している。もしネットで攻撃対象になったのがキャサリン妃なら、王室側の対応も違ったはずだ、と友人たちは言う。

「王室の対応はひどすぎる。あんなでたらめを一体誰がリークしているのか、ますます疑いたくなる」と、ツイッター・ユーザーのエリカ・カウンシルは書く。

「同感。ネットが発達したこのご時世、メーガン妃への執拗な攻撃に対して@KensingtonRoyal(英王室の公式ツイッター・アカウント)が取った対応は恥だ。彼らが弁護するのはキャサリン妃だけ。人種差別的なヘイト団体のリーダーみたいだ」と、別のユーザーがコメントした。

メーガン妃がキャサリン妃を泣かせた?

別のツイッター・ユーザー@Pearl19_0_8は、昨夏の終わりごろから王室の対応を疑っていた、とコメントした。メーガン妃への人種差別的なコメントが大量にあふれ、トロールたちがメーガン妃に対する中傷や嫌がらせ専用のアカウントを作り始めた頃だった。@Pearl19_0_8は、王室はその気になれば悪質なコメントを簡単に遮断できたはずなのに、メーガン妃の支持者から寄せられた不満を無視した、という。

メーガン妃の結婚式の準備でメーガン妃がキャサリン妃を泣かせた、と報じた王室担当記者、カミラ・トミネイも批判の的だった。トミネイは王室から反論はなかったと主張。事実誤認なら即座に抗議がきたはずだ、と書いた。

CNNが昨年末に報じたところによれば、@KensingtonRoyalでの誹謗中傷はメーガン妃に対するものだけではなく、キャサリン妃に対するものもあった。メーガン妃とキャサリン妃の支持者同士が争う体だという。英王室側も、監視プログラムを走らせ、ツイッターにも抗議している。だが、メーガン妃支持者の不満は収まらない。

「王室が報道内容に抗議するのはケンブリッジ公爵夫人(キャサリン妃)が不利になる時だけだ」と、あるユーザーはトミネイの記事についてコメントした。王室がハリー王子をひどく扱ってきた延長線上でメーガン妃が犠牲になっている、と。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    海外の富裕層は財布代わりに「ジップロック」 風水で…

  • 10

    男のあごひげには犬の体毛より多くの細菌が存在する…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 9

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月